蘭寿とむとは、宝塚歌劇団において「100年に1人の逸材」と言われていた元花組トップスターのことである。入学することすら困難な宝塚音楽学校において、入学した1994年から卒業する1996年までの間、主席の座に君臨し続けた彼女の才能と努力は並大抵のものではなかっただろう。2014年には大勢のファンに惜しまれつつも宝塚歌劇団を卒業しているが、その後も舞台を中心に女優や歌手として活動を続けている。「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」などのテレビドラマにも出演を果たしており、今後も宝塚にとらわれない様々な分野での活躍が期待されている人物だ。男役として人々を魅了し続けた彼女の新たなる魅力に注目していきたい。

蘭寿とむの日程

35人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

蘭寿とむの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

蘭寿とむのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 18:00更新)

蘭寿とむとは

蘭寿とむについて

蘭寿(らんじゅ)とむとは、兵庫県西宮市出身の宝塚歌劇団元花組トップスターのことである。

「とむ」や「まゆ」、「らんとむ」の愛称で親しまれている彼女は、小学生の頃にバレエを始めて以来、中学、高校ともに創作ダンスに打ち込んでいたことがきっかけとなり宝塚歌劇と出会った。1994年に過去最高倍率となる48.2倍の倍率をくぐり抜け、82期生として宝塚音楽学校に入学。創作ダンスで培ってきたダンスの実力もあって、入学から卒業まで主席の座を死守した。1996年の3月にはそのまま主席として入団し、花組配属となった。入団すると、2011年にトップスターに就任した。2014年の退団時には、ファン8000人がつめかけるほどの人気ぶりであった。

彼女は一般人のファンだけでなく、芸能人のファンが多いことも特徴的だ。AKB48のまゆゆ、北川景子、田村ゆかりなどがファンであることを公言している。自身も芸の才能を持つ人間をこんなにも惹きつける彼女には、やはり頭一つ抜きん出た才能と魅力が備わっているのだろう。退団以降も、宝塚歌劇で得た経験を生かして歌手や女優としての活動を続けている。多くの人間を魅了した伝説のタカラジェンヌの、新たなる活躍に目が話せない。

蘭寿とむが好きな方はこんなチケットもおすすめ