「楽天ジャパンオープンテニス」は、1972年の第1回大会から続く歴史ある大会で、日本で開催される大会の中ではもっとも高いトーナメントカテゴリに位置する大会だ。2009年から楽天がスポンサーとなり「楽天オープン」とも呼ばれる。2014年は錦織圭の活躍で大会史上最多の入場者を記録し、2006年世界ランキング1位フェデラーが初来日した際より動員記録を超えた。「2017年楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス」予選が2017年9月、本戦が10月、有明コロシアム並びに有明テニスの森公園コートで開催される。種目は男子シングルス32名/男子ダブルス16組だ。2017年、熱い試合が繰り広げられる。

楽天ジャパンオープンテニスの日程

4,301人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

楽天ジャパンオープンテニスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/21 00:00更新)

楽天ジャパンオープンテニスについて

楽天ジャパンオープンテニスの魅力とは

「楽天ジャパンオープンテニス」は世界の話題のトッププレイヤーが日本に集結する、ファンには見逃せない試合。

2016年10月「楽天ジャパンオープンテニス2016」が有明コロシアムで開催され、錦織 圭が大会に参戦した。日本国内ではなかなか見ることができない彼のプレーを間近で見る機会を楽しみにしている全国のファンが集結し、ファンの熱気だけでも凄い試合となった。しかし錦織はシングルス2回戦でジョアンソウザとの対戦で3-4で途中棄権した。絶好調に見え、ソウザの強打をほとんどミスなく返球し3-0とリードしていたが、この直後に突然の痛みがでん部を襲い途中棄権した。そして、 2016年、「楽天ジャパンオープンテニス」で優勝したのはオーストラリアのニック・キリオスだった。長身を生かした攻撃力と、驚異の瞬発力で繰り出すアクロバティックなプレーで会場を魅了した。

「2017年楽天・ジャパン・オープン・テニス・チャンピオンシップス」はチケット争奪戦が予想される。さあ、トッププレイヤーたちの試合を観戦しに行こう。

楽天ジャパンオープンテニスが好きな方はこんなチケットもおすすめ