RAG FAIR(ラグフェアー)は、日本の6人組アカペラボーカルグループ。フジテレビ系バラエティ番組「力の限りゴーゴゴー」内のコーナー「ハモネプ」出場時に大きな話題を集め、オリコン1位も獲得。一時休止していたが2012年に活動を再開し、以降継続的に活動している。結成当初は大宮等でストリートライブを行っていた彼らだが、テレビ出演の機会が増えるに従って人気が上昇。2005年には武道館でライブをするまでになった。ファンの数は多く、現在もRAG FAIRのチケットは非常に取りづらい状況が続いている。アカペラとは思えない、ホンモノさながらのサウンドは聴いていて心地がよく、電子音全盛期の現代では非常に落ち着いて聴くことが出来るメロディとなっている。

RAG FAIR(ラグフェア)の日程

113人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

RAG FAIRの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

RAG FAIRのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 06:00更新)

RAG FAIR (ラグフェア)について

RAG FAIR(ラグフェアー)のライブの魅力を徹底紹介

RAG FAIR(ラグフェアー)は、メンバー全員が作詞・作曲を行う特徴があり、2011年の3月から一時音楽活動を休止していましたが、2012年12月から活動をまた再開しました。1997年に埼玉大学においてアカペラサークルが結成され、これを母体として99年にRAG FAIRが結成されました。

ストリートライブを展開した後、バラエティ番組内のアカペラコーナーの出演が話題となりメジャーデビューを果たしました。2ndシングルと3rdシングルが、オリコン週間チャートにおいて初登場で1位と2位を独占するという快挙を成し遂げ、NHK紅白歌合戦に初出場しました。

ラグフェアーの魅力は、人間の声が生み出す美しいハーモニーです。このようなスタイルは、幅広い年代から人気があり、チケットを求めるファンの層は様々です。2011年1月に無期限の活動休止に入ることが発表され、その後、再結集することが公式HP上で発表されました。

RAG FAIR(ラグフェア)が好きな方はこんなチケットもおすすめ