Radiohead(レディオヘッド)はイギリスのロックバンド。1985年にオックスフォードで結成され、1992年にメジャーデビュー。アルバムごとに顔色を変える多面性のある楽曲は実験的で、その都度最新鋭の技術を取り組むなど常に進化しているバンドのひとつ。現在はメンバー個人個人のソロ活動も増えている。日本ではたびたび来日し、サマーソニックなどで演奏を披露している。世界的なアーティストのため、日本に来日する場合のチケット入手は難しく、日頃からRadiohead(レディオヘッド)の動向についてアンテナを張っておかなければならない。様々な音楽から影響を受けているため定義付けは難しいが、歌詞の内容はまさに「ロック」であり、メロディだけでなく歌詞の意味も分かるとより理解も深まる。

Radiohead(レディオヘッド)の日程

524人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

Radioheadの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

Radioheadのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 18:00更新)

Radiohead(レディオヘッド) Live情報

世界最高峰のカリスマバンド、Radiohead(レディオヘッド)の魅力を徹底解剖

Radiohead(レディオヘッド)は、イギリスのロックバンド。イングランドのオックスフォード出身。メンバーはトム・ヨーク(Vo)、ジョニー・グリーンウッド(G)、エド・オブライエン(G)、コリン・グリーンウッド(Ba)、フィル・セルウェイ(Dr)。1985年、前身バンド『オン・ア・フライデー』を結成し、1991年には『レディオヘッド』と名前を改めて『パーロフォン』と契約した。

『レディオヘッド』は、ロックバンドとしてはかなり前衛的といえる独特な音楽性を持つ。初期こそストレートな楽曲が多いが、アルバムを重ねるごとに実験的な要素が増え、現代音楽や電子音楽、ジャズ、サイケデリックなどとロックを融合させた音楽を生み出していった。その挑戦的な姿勢から「商業的自殺」とまでいわれたこともあったが、現在まで人気は衰えることなく続いている。

メロディーラインははっきりとしているが、その他のパートは使用されている楽器のせいもあって複雑で幻想的。しかし楽曲全体がしっかり記憶に残ってしまうという、不思議なタイプのバンドだ。 ライブ時のパフォーマンスは比較的大人しいが、一般的なロックバンドでは使われないような楽器を使用するため、見慣れないステージになる。また『レディオヘッド』のメンバーは親日家で、特にトムは来日公演の際に「ドウモ」とうまく挨拶することで有名だ。

ツアーのほか、フェス参加のためにも来日しており、その度にRadiohead(レディオヘッド)のチケットは完売。セットリストがよく変わるため、各会場で全く違ったステージが繰り広げられる。過去に追加公演が遅れて発表されてしまったため当日券すら余ったというトラブルがあったが、そんなことは滅多に起こらないので、Radiohead(レディオヘッド)のチケットが欲しい場合はアナウンスに注意して早めに手に入れよう。

Creepの封印!? レディオヘッドの魅力を徹底解剖

Radioheadは、いつCreepの封印を解くのか。ここ数年、ファン達の間で、専ら話題に昇る。どうしようもなく自省的な歌詞が、トム・ヨークの悲鳴にも似たヴォーカルから吐き出され、ガガッ!と掻きむしるジョニー・グリーンウッドのノイジーなギターがこだまする。名曲中の名曲はまた、Radioheadの進化には足枷なのかもしれない。

実は20年近くのキャリアを持つRadioheadは、とかくトム・ヨークの気難しさと、その厭世的なRadioheadの世界観が合わさって、非常にとっつきにくいイメージが蔓延している。ライヴで微笑むメンバーの姿など、ここしばらくお目にかかっていない。だが、それこそがRadioheadである所以なのだ。そのUKオルタナティヴの権化を目撃するために、チケットを手に入れよう。

もし、オーディエンスを煽るシャウト混じりにCreepを演られたら、世界中が困惑する。リリースするアルバム単位で、まるでカメレオンの如くその色彩を変えるRadioheadはまた、ライヴも同じことは繰り返さない。ニコリともせず自らの音世界に専念する姿こそ変わらないが、音楽的冒険を常に繰り返す。そしていつの日か、まったく新しい試みとしてのCreepを披露してくれる日が、きっとくるはずだ。チケットを入手する甲斐はある。

Radiohead(レディオヘッド)が好きな方はこんなチケットもおすすめ