レイディエート・フィルハーモニック・オーケストラは1993年に創設されたオーケストラである。主な活動拠点は東京世田谷区と目黒区。音楽監督は作曲家、ピアニストで知られる小倉啓介が務めている。オーケストラといっても普通の楽団とは違い、バレエ音楽を専門とする特徴がある。これはアマチュアでは非常に珍しく、これまでに小倉みゆきアトリエ・ド・バレエや山本禮子バレエ団、所沢市バレエ協会などと共演をしている。レイディエート・フィルハーモニック・オーケストラは都立新宿高校管弦楽部のOBを中心にしたメンバーで結成されていたが現在ではバレエ経験者やバレエ音楽に興味を持ち、レイディエートの活動に賛同して集まったメンバーが数多く在籍している。

レイディエート・フィルハーモニック・オーケストラの日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

レイディエート・フィルハーモニック・オーケストラの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

レイディエート・フィルハーモニック・オーケストラのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/10 06:00更新)

レイディエート・フィルハーモニック・オーケストラについて

レイディエート・フィルハーモニック・オーケストラとは

1993年に都立新宿高校管弦楽部のOBを中心に創設されたレイディエート・フィルハーモニック・オーケストラ。音楽監督は作曲家、ピアニストで知られる小倉啓介が務めている。アマチュアでは珍しいバレエ音楽を専門とするオーケストラで、これまでに小倉みゆきアトリエ・ド・バレエや山本禮子バレエ団、所沢市バレエ協会などと共演をしている。
また、Angel R Dance Palace らの依頼により、チャイコフスキーの「白鳥の湖」「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」の3大バレエ音楽を演奏、「コッペリア」「ジゼル」「シンデレラ」などのバレエスタンダードも上演し好評を博している。定期演奏会も積極的に開催し、「ボレロ」や「火の鳥」「春の祭典」、「スパルタカス」や「ロミオとジュリエット」などはバレエ付き演奏会としても上演している。
2014年の第20回の節目となる定期演奏会では作曲家である池野 成が傾倒したストラヴィンスキーをその一番弟子である小倉啓介指揮の元演奏するという試みで開催された。

現在ではバレエ経験者やバレエ音楽に興味を持ち、レイディエートの活動に賛同して集まったメンバーが数多く在籍し、都立新宿高校管弦楽部のOBの人数を上回っている。

レイディエート・フィルハーモニック・オーケストラが好きな方はこんなチケットもおすすめ