舞台 想い出のカルテットとは黒柳徹子主演のシリーズであり、かつて映画化されたこともあるコメディ作品。1989年に女優黒柳徹子が主演を務める舞台がスタート。海外コメディを扱い毎回笑いと感動を呼ぶことで多くの舞台ファンが足を運んでいる。コメディシリーズとして始まり2017年にはその第31弾として「想いでのカルテット~もう一度唄わせて~」を公演。本作は2011年に初演を迎えた人気シリーズであり、黒柳徹子の高い演技が光る作品である。物語を彩るのは4人の元オペラ歌手。ある時の記念コンサートで再び四重奏(カルテット)を披露することになる。歌手としての黒柳徹子そしてコメディ作品としての黒柳徹子を見ることができる貴重な舞台であり、会場全体を笑いの渦に閉じ込める。まだまだ現役女優として活躍する彼女の壮大な物語の1つとなる。

想い出のカルテットの日程

43人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

想い出のカルテットの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

想い出のカルテットのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 00:00更新)

舞台 想い出のカルテットについて

舞台 想い出のカルテットの魅力とは

舞台 想いでのカルテットとは2011年に初演を迎え、2017年にも再演となる黒柳徹子の代表的な舞台作品である。海外コメディシリーズと銘打った舞台としては2017年には第31弾となるものであり、主演の黒柳徹子にとっても自身の大きな活動の1つとなっている。本作の初演時に演出を務めた高橋昌也が2014年に亡くなっており、その年「高橋昌也追悼公演」として公演が行われている。黒柳徹子にとっても非常に思い入れのある舞台となり、そこに掛ける想いは並々ならぬものではない。本作で制作を務めるのは「ドレッサー」で一躍有名となるロナルド・ハーウッド。かつてダスティン・ホフマンが監督を務めたことでも有名であり、その際の出演者にはマギースミスという大物の姿もあった。カルテットをテーマに時には涙を誘い時には笑いをもたらすコメディ作品であり、最後には会場全体が暖かい空気に包まれる作品である。人の生き様や在り方などメッセージ性も強く、本作の鑑賞で心に何かが宿る、そんな気さえするほど。普段の黒柳徹子からは想像もできない創造性溢れる姿に驚く人も多いだろう。かつての存在感を今以上に見せつける黒柳徹子の集大成であり渾身の演技が見られるのはこの舞台だけ、その姿は是非その目で確かめてほしい。

想い出のカルテットが好きな方はこんなチケットもおすすめ