1992年に涼風真世の主演で月組によって上演され、大きな人気を集めた「PUCK」。シェイクスピアの「夏の夜の夢」をモチーフとした本作は、小池修一郎の作・演出、そして主題歌が松任谷由実「ミッドサマー・イブ」ということでも注目を集め、そして当時、涼風真世のはまり役としてチケットも絶大なる人気を集め、宝塚ファンにとっても思い入れの深い作品である。そんな「PUCK」が、龍真咲・愛希れいか率いる月組によって再演されるということは、宝塚歌劇団にとっては大きなチャレンジであり、ファンにとってビッグ・ニュースと言えるだろう。それだけに涼風真世のイメージが色濃く残る本作に、出演する龍真咲・愛希れいかにかかるプレッシャーの大きさは相当のものだろう。ファンの間でも様々な意見が飛び交った、22年ぶりの今回の再演のニュース。しかしそれだけに多くの宝塚ファンの期待と注目が集まることは間違いない。22年の時を経て、名作「PUCK(パック)」がどのような進化を遂げて、ファンの前で披露されるのか、龍真咲・愛希れいかのパフォーマンスからきっと目が離せなくなることでしょう。

PUCK (パック)の日程

195人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

全チケットの購入時の取引手数料が無料!

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

宝塚歌劇 PUCKの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宝塚歌劇 PUCKのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/26 18:00更新)

宝塚歌劇 月組 PUCK (パック) について

チケットも多くの人気を集めること間違いなしの本作。100周年のメモリアル・イヤーである2014年の宝塚歌劇団の、一番の注目作品といっても過言ではないだろう。

PUCK (パック)が好きな方はこんなチケットもおすすめ