劇団 PU-PU-JUICE(プープージュース)とは、2006年に旗揚げされた劇団である。俳優の永沼友由輝や山本浩貴、長島慎治、大迫一平らが劇団SLAから独立し設立した。「映像と舞台の垣根を取り払う」ことを目的にした活動を行っている。本劇団の特徴は、劇団に代表者が存在しないことであり、物事を決定する際は全員の多数決によって全てを決定している。オリジナル作品を手がけ、バラエティ豊かな作品群は若者から強い支持を得ており、毎公演の動員観客数は2,000人を超える程の人気劇団として知られている。また、舞台以外にも積極的にイベントへの参加や、映像作品への出演、他劇団への客演などを行っている。今後もどのような作品を生み出してくれるのか楽しみである。

劇団 プープージュースの日程

3人が登録中

12/25まで 1万円/枚 以上の全チケット1,000円引!

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

プープージュースのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/25 06:00更新)

劇団 プープージュースについて

劇団 プープージュースの魅力とは

劇団 PU-PU-JUICE(プープージュース)とは、若者から強い支持を受ける人気エンターテイメント集団である。2006年に「映像と舞台の垣根を取り払う」ことを目的に、第1回公演「JUICE」にて旗揚げ公演を行っている。オリジナル作品の脚本・演出は、俳優でもある山本浩貴と久米伸明の2人が主に担当している。

公演形態としては、オリジナル作品が中心であり、年間およそ2〜3本の本公演を行っている以外にも、不定期でイベントや野外公演、番外公演を行っている。そのほかにも、テレビドラマや映画、企業CMなどへの出演も盛んであり、所属俳優それぞれが舞台ならびに映像作品の両方で活躍している。これまでの代表的な作品としては、浅見れいなや長渕文音、穂のかを迎えた「結婚狂想曲」、いしだ壱成を迎えた「新・罪と罰」、そして加賀美早紀や中野裕太、下宮里穂子を迎えた「パニ☆ホス」などがあり、毎公演の動員観客数は2,000人を超えている。個性派揃いのエンターテイメント集団として知られている。2017年11月には恵比寿エコー劇場にて公演が行われる。どのような内容の作品で観客を楽しませてくれるのか注目が集まっている。一度は公演に足を運んで彼らの世界観を堪能したい。

劇団 プープージュースが好きな方はこんなチケットもおすすめ