プラハ国立歌劇場は、1887年に創設されたチェコ最大のオペラ専門劇場。当時プラハに在住したドイツ人が資金を拠出し、本格的なオペラ・ハウスとしてオープンした。これまで、グスタフ・マーラー、ジョージ・セル、エーリッヒ・クライバー、リヒャルト・シュトラウスなどといった一流アーティストたちが指揮をしたという栄光の歴史を持つ劇場だ。プラハ国立歌劇場は1996年に初来日し、「魔笛」「こうもり」「アイーダ」「トスカ」といった人気演目で高い評価を得た。初来日から20年以上経ったいまでも、プラハ国立歌劇場の公演人気は続いている。日本ではもちろん、ヨーロッパ・オペラ界でも高く評価されているオペラを観劇して、チェコの伝統ある文化を感じてみよう。

プラハ国立歌劇場の日程

56人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

プラハ国立歌劇場の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

プラハ国立歌劇場のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 00:00更新)

プラハ国立歌劇場について

プラハ国立歌劇場の魅力とは

プラハ国立歌劇場は、プラハ中心部であるヴァーツラフ広場のほど近く、国立博物館の隣で威容を誇るチェコ最大のオペラ専門劇場だ。1887年にチェコ在住のドイツ人が資金を拠出し「新ドイツ劇場」として創設された。
当時プラハでは唯一となる原語上演のオペラ座として、ドイツ語圏のオペラ座としてはウィーン、ベルリン、ミュンヘンの次にランクされるほどの好評を得た。歴代の指揮者にはマーラー、ツェムリンスキー、セル、クライバー、クレンペラー、歌手にはカルーソー、スレザーク、テトラツィーニらが活躍、豪華な舞台が繰り広げられた歴史がある。

1996年に初来日し、「魔笛」「こうもり」「アイーダ」「トスカ」といった人気演目で高い評価を得た。歌手、楽団員はチェコ人の優れたアーティストを中心に構成され、舞台セット、衣装等にも、チェコの伝統ある劇場文化が感じられる。
現地でのプラハ国立歌劇場の公演ををそのままに味わえる今回の来日公演。所属のオーケストラ、合唱はもとより衣装、舞台セットも現地の公演そのままに観劇できる。舞台中央に大階段、周囲には大きな柱を配し、その雰囲気は舞台照明等によって、一刻一刻と表情を変えていく。20年以上も愛され続けるプラハ国立歌劇場の公演を、ぜひ劇場で味わってみてはいかがだろうか?

プラハ国立歌劇場が好きな方はこんなチケットもおすすめ