この度、さらに安心してご利用いただけるサービスをご提供するため、ご利用にあたってのルールを変更することを決定いたしました。
チケットキャンプは、今回導入予定の施策により不正に取得されたチケットの取扱いを防止し、お客様により安心してご利用いただけるサービスを提供してまいります。

【施策概要】

1. 1公演あたりのチケット出品枚数のルール変更
チケットキャンプ上で1公演につき出品可能な枚数を来年1月より「4枚」までといたします。
なお、転売する目的で不正に取得したと当社が判断するチケットにつきましては、より一層対応を強化してまいります。

2. 本人認証厳格化
初回出品の際に、本人情報(住所・氏名)の登録を必須とし、出金時には更に身分証明書等の確認を行い登録された氏名と一致する銀行口座名義ではない場合は売上金を引き出せない仕様・運用と致します(※)。なお、過去に出品経験のあるお客様についても適用します。 

本人認証厳格化のシステム対応は、来年3月を目途に進めてまいります。
※家族名義の銀行口座や婚姻等による改姓等の場合など一定の例外はございます。

3. カスタマーサポート強化
上記対策を確実に実施するためカスタマーサポート体制を強化してまいります。

速やかに上記施策を実施することでさらに安心してご利用いただけるサービスの提供を目指してまいりますので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。