ポカスカジャンは、1996年結成した3人組のコミック・バンド。メンバーはバンド・ボーカル経験があり、彼らのサウンドは様々なジャンルの曲目を彼らのオリジナルでパロディ化にする手法で知られる。テレビCMで知られるCMソング「ガリガリ君」の曲など幅広く楽曲も制作。2016年にはテレビ番組「ダウンタウンDX」で彼らの代表作でもある「長渕剛風ドラえもんの絵描き歌」を披露。長渕剛風にドラえもんの絵描き歌を歌いながらドラえもんの絵を描くというパフォーマンスを披露。ライブでもよく行っているこのパフォーマンスは描いたドラえもんの絵をお客さんにプレゼントしている。数々の楽しめるパフォーマンスで会場を笑いの渦に巻き込む彼らから目が離せない。

ポカスカジャンの日程

5人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ポカスカジャンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/19 12:00更新)

ポカスカジャンについて

ポカスカジャンの魅力とは

ポカスカジャンのコミックバンドメンバーは、WAHAHA本舗の座長も務める大久保ノブオ(Vo./Dr.)とタマ伸也(Vo./Gt.)省吾(Vo./Gt.)の3人組である。バンド名は「ポカ、スカ、ジャーン」という打楽器の響きから名付けられた。彼らのサウンドは誰もが知っている楽曲やクラシック・ボザノバなどあらゆるジャンルの音楽をもとにオリジナルアレンジしたネタが最大の特徴である。3人が繰り広げるサウンドは、「はい。どーも。」という芸人の悲哀と希望を歌ったシリアスで聴かせる曲からテンポの良いリズムで笑い満載の「50音ミュージック」など幅広くレパートリーを持つ。日本大衆芸能の1ジャンル「音曲漫才」のとしての高い評価を持ち、「国立演芸場花形演芸大賞」の金賞を4度、2014年には「国立演芸場花形演芸大賞」大賞受賞するほどの実力だ。ライブでは彼らの「ポカスカジャンのテーマ」で会場を盛り上げ、パフォーマンスを繰り広げる。3人の歌、演奏、トークは息がぴったりでテンポよく次々に歌われるサウンドは会場を飽きさせない。聴かせながら笑いを誘う彼らのパフォーマンスはあっという間に時間が過ぎる程である。ぜひとも会場で彼らのパフォーマンスを楽しんで頂きたい。

ポカスカジャンが好きな方はこんなチケットもおすすめ