ポップンマッシュルームチキン野郎は、主宰を務める吹原幸太の脚本・演出作品を上演している2005年に結成された劇団である。メンバーは、主宰の吹原幸太をはじめ、加藤慎吾、小岩崎小恵、サイショモンドダスト★、野口オリジナル、増田赤カブト、渡辺裕太、NPO法人、井上ほたてひも、横尾下下、高橋ゆき、吉田翔吾である。2005年2月の池袋劇場での初回公演「ぽっぷん息子」を皮切りに、同年10月に「おい!麗子さんがご機嫌ナナメだぞ!!」、2006年6月に「侵略家族!」、2007年1月に「もう嫌んなるくらいハッピー!」など、現在に至るまで数多くの公演を行ってきた。独特な世界観で観客を魅了するポップンマッシュルームチキン野郎の活躍に、今後も期待したい。

ポップンマッシュルームの日程

15人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ポップンマッシュルームチキン野郎の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ポップンマッシュルームチキン野郎のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/18 12:00更新)

ポップンマッシュルームチキン野郎について

ポップンマッシュルームチキン野郎とは

ポップンマッシュルームチキン野郎は、バカげた笑いとどっしりとしたドラマを融合させて相反する感情を抱かせる悲喜劇を得意としている。今までにない感情を味わえるのが、彼らの魅力だと言えるだろう。

上演作品には、植物や動物をはじめ、宇宙人や無機物など人間以外の登場人物が多いのが特徴的。着ぐるみだけでなく、時には特殊メイクを施して演技をしている。また、本編とは別に客入れの時間を使って、短編作品を上映。ストーリー軸がぶれない程度にアダルトな演出を加えている「R18ステージ」が含まれる公演もあり、非常にユニークだ。

結成から7年後の2012年に、「サンモールスタジオ選定各賞」で最優秀演出賞を受賞。その後、2013年には「黄金のコメディフェスティバル」で最優秀作品賞と優秀演出賞を受賞。さらに、2014年には同イベントで最優秀作品賞をはじめ、最優秀演出賞と優秀脚本賞、観客賞、高校生審査員賞受賞を果たした。演劇におけるコメディーの魅力を広めるためのイベントでの数々の受賞は、ポップンマッシュルームチキン野郎にとって非常に大きい実績となった。そんなポップンマッシュルームチキン野郎の作品を楽しむなら、実際の公演を間近で観てみてほしい。

ポップンマッシュルームが好きな方はこんなチケットもおすすめ