プラスマイナスは、2003年結成のお笑いコンビである。よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属しており、現在はテレビやライブなどで活躍中だ。メンバーはツッコミ担当の岩橋良昌とボケ担当の兼光タカシで、岩橋は「ギューン」や「オーシャンビュー」「ヘミングウェイ」などのギャグ、兼光は麒麟の田村裕のものまねネタが有名である。ダメと言われたことを我慢できずにしてしまうというクセ芸やTシャツを脱いで披露する身体つきものまねネタで岩橋がピックアップされがちだが、オール巨人や桂小枝などの芸人からドラゴンボールのフリーザといったアニメキャラまで豊富なレパートリーを持っている兼光の才能も負けていない。今後の彼らの躍進に期待したい。

プラスマイナス(プラマイ)の日程

28人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

プラス・マイナスの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

プラス・マイナスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/23 18:00更新)

プラスマイナスについて

プラスマイナスの魅力とは

プラスマイナスは現在、ルミネtheよしもとなどの舞台で活動中のお笑い芸人である。2006年7月に放送された「爆笑オンエアバトル」で542KB満点中の541KBという、番組史上4組目の高記録を叩き出した。結成後2016年にコンビ名の表記をプラスマイナスからプラス・マイナスへ、芸名も兼光貴史から兼光タカシへ変更した。

彼らは漫才を軸にしたお笑い芸人で、兼光のおバカキャラによって漫才がスムーズに進まず、岩橋が怒ったり倒れたり泣き喚いたりと、終始ハイテンションなネタが特徴的だ。兼光だけでなく岩橋のクセも独特で、ある舞台で登場してすぐ「もうええわ!」と〆の言葉を言ってしまったというエピソードもある。

数々の賞レースでの実績も豊富だ。2006年の「NHK上方漫才コンテスト」では最優秀賞を受賞、そして翌年2007年には「ABCお笑い新人グランプリ」では優秀新人賞を受賞している。他にも、2006~2009年の「M-1グランプリ」では4年連続で準決勝進出を果たし、2012年には「上方漫才大賞」で新人賞を受賞した。予測不能な展開で常に観客をワクワクさせてくれる彼らのネタを、ぜひライブで味わってみてほしい。

プラスマイナス(プラマイ)が好きな方はこんなチケットもおすすめ

公演、アーティストから探す