ミハイル・プレトニョフとはピアニスト、そして指揮者として出身国ロシアをはじめ世界的に絶大な支持を集める音楽家。1990年当時、ソ連では初めての私設オーケストラを立てたことでも有名であり、音楽家としては1978年に母国で開催されたチャイコフスキー国際コンクールにて見事1位に輝き世界最高峰になった人物である。ベートーベン、ラフマニノフなど膨大なレパートリーを持つピアニストとして、同時に指揮者としても評価を獲得しており、特にチャイコフスキーの楽曲でのピアノ演奏では巧みな技を披露している。映画音楽などのポピュラーソングも手掛けており、日本の人気アーティスト伊藤由奈との共演も見せている。2015年には東京フィルハーモニー交響楽団特別指揮者となり、翌2016年に来日が決定している。

ミハイル・プレトニョフの日程

19人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

サントリーホール他2会場

サントリーホール他1会場

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ミハイル・プレトニョフのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/23 00:00更新)

ミハイル・プレトニョフについて

ミハイル・プレトニョフの魅力とは

ミハイル・プレトニョフとは演奏、指揮両方の立場で高い地位を確立している世界的音楽家。13歳にして出身国ロシアはモスクア音楽院へと進み、著名な音楽家に師事を仰ぐ。ピアノの腕は当初から抜群の腕前であり、若手音楽家の登竜門とも呼ばれているチャイコフスキー国際コンクールの1978年度金メダルを受賞、ロシアでもトップクラスの音楽家として歩み始める。コンサートはもちろんすぐに収録活動が始まりながら、同時に指揮者としても活動を本格化させた。その後は各国のオーケストラとの共演を行いながら、専属アーティストとして契約を行うなど同業者からの熱い支持を仰ぐ。ピアニスト、指揮者としての実力は共にグラミー賞入賞を果たすなど数々の功績を残しており、既に各界ではイタリア語で「達人」を意味する「ヴィルトゥオーソ」と呼ばれている。クラシック曲を中心に映画音楽やバレエ音楽も披露しており「眠りの森の美女」「くるみ割り人形」などのアレンジを加えたピアノ演奏なども定評高い。2015年には幻のオペラとも呼ばれている「不死身のカッシェイ」を日本で指揮している。ロシア本国では知らない人はいない音楽家、加えて世界でも希有な存在となる人物である。

ミハイル・プレトニョフが好きな方はこんなチケットもおすすめ