全国の演劇・舞台・ミュージカルチケットを多数取り扱い中です。 劇団四季 アラジンのチケットをはじめ、地球ゴージャスメリーポピンズラカージュオフォールなどのチケット売買が可能です。 ジャニーズの舞台宝塚歌劇団劇団四季などからも演劇・舞台・ミュージカルのチケットを探すことができます。

演劇・ミュージカル人気のチケットランキング

あ〜お

  • 熱海五郎一座は俳優の三宅裕司が座長を務める演劇ユニットで、2006年に旗揚げされた。2004年に旗揚げされた伊東四朗が座長を務める伊東四朗一座が源流となっており、伊東四朗が参加できない公演で三宅裕司が代わって座長を務める…

  • 「ANOTHER WORLD」は、2018年4月から上演される宝塚歌劇団は星組の公演作品。上演会場は2ヵ所となっており、2018年4月から6月初旬までは兵庫県の宝塚大劇場にて、6月後半から7月後半までは東京の東京宝塚劇場…

  • ディズニー屈指の人気の物語「アラジン」が、劇団四季のミュージカルとして日本にて公演される。2015年からのロングランとなる本公演は、劇団四季とディズニーとのパートナーシップ20周年を迎える公演であるため、力の入れようは半…

  • 市村正親は劇団四季出身の日本の俳優。1973年「ジーザス・クライスト=スーパースター」でデビューし、「エクウス」「コーラスライン」「キャッツ」等に出演。中でも、「オペラ座の怪人」では主役を演じ、後に紅白歌合戦に出場した際…

  • 「ウエストサイドストーリー」は、ブロードウェイミュージカルとして1957年に初演を迎え、以降長きに渡り記憶に残る名作として語り継がれている作品である。アメリカはニューヨークを舞台に対立する2つのアメリカ人グループとそこに…

  • やはりトップスターは舞台の上でこそ、大輪の花を咲かせる。大衆演劇界のトップスターとして長きに渡り大衆演劇界を牽引している「下町の玉三郎」こと梅沢富美男。女形での妖艶な演技が大きな話題を集め、梅沢劇団のトップスターとして大…

  • ウーマン オブ ザ イヤーは、日経BP社が毎月発行する女性向けビジネス雑誌の日経ウーマンが主催する賞イベントである。1999年12月から始まり、その年に活躍した働く女性に向けて贈られるものとなっており、ビジネスや社会貢献…

  • エン*ゲキは、池田純也が脚本・演出・出演他を手掛けた企画である。エンはEntertainmentで娯楽。ゲキはActで芝居。あらゆる娯楽を追求し、バラエティに富んだイベント公演を自身の脚本、演出、出演のもと芝居する舞台公…

  • 大野幸人は神奈川県出身、CSB internationalに所属する俳優だ。萩原幸人名義でジャニーズJrとして活動していた経歴の持ち主で、1998年の入所以来、Musical Academyの二軍として結成された「M.A…

  • 尾上松也は、1990年から活動している歌舞伎俳優。1985年1月30日生まれの東京都中央区出身で、父は六代目尾上松助。屋号は音羽屋(おとわや)としている。1990年5月に「伽羅先代萩」の鶴千代役にて二代目尾上松也を名のり…

  • フランスの作家、ガストン・ルルーによって1909年に発表された小説「オペラ座の怪人」を基に、奇才ロイド・ウェバー氏がミュージカル化した作品がイギリスで生まれ、瞬く間に世界に広がり三大ミュージカルのひとつとなった。言語の翻…

か〜こ

  • 風間杜夫は東京都出身の俳優だ。8歳の時に大物俳優を多数輩出する児童劇団 東童に入団。東映児童演劇研修所の1期生となった。子役としてすぐにブレイクした風間は有名監督の映画に多数出演するという売れっ子に。学校にも通えないほど…

  • 桂歌丸は、日本テレビの番組「笑点」でもお馴染みの落語家。現在は、社団法人落語芸術協会の5代目会長として落語界を牽引している。笑点では、長い間大喜利レギュラーとして活躍した後、放送開始50周年を迎え自ら勇退を決めるまでの1…

  • 桂三四郎は、兵庫県神戸市出身の上方の落語家である。所属事務所は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー。ピン芸人を目指していたが、桂 三枝(現:六代桂文枝)の落語CDを聞き、2004年4月に桂三枝に入門。現在の芸名を命名…

  • 桂 春蝶は、大阪府吹田市出身の上方の落語家である。実父は2代目桂 春蝶。1993年1月に父を亡くしたことをきっかけに落語家の道を志すことになり、1994年4月に父の師匠にあたる3代目桂春団治に入門し、春菜を名乗り活動を始…

  • 桂雀々は、ラルテに所属している上方の落語家である。読みは「かつら じゃくじゃく」だが、通り名は「けい じゃんじゃん」。弟子には桂優々がおり、過去には桂鈴々や桂草々などもいた。桂雀々の落語家としての人生は、1997年に桂枝…

  • 桂 南光は、1970年に桂 小米(故・枝雀)に入門。1972年の初舞台を経て数々の高座を務めるほか、テレビ・ラジオなどでも活躍する米朝事務所所属の落語家だ。入門時から桂べかこの芸名を名乗り、1984年には第1回「桂べかこ…

  • 六代・桂文枝は、西川きよし、笑福亭仁鶴と並び、吉本興業の三大巨頭と称される落語家の一人だ。桂三枝名義で活動し「三枝師匠」「サニー」「さんちゃん」などの愛称で親しまれてきた。落語家としてはもちろんのこと、司会者としても大変…

  • 桂 文珍とは、吉本興業に所属し、2010年に紫綬褒章を受賞している国民的落語家。1969年に当時の5代目桂文枝へと弟子入りすることで業界での活動がスタート。落語家としての活躍は当初は非常に地味な存在であったが、その後自身…

  • 歌舞伎ディナーショーとはARYU CORPORATIONにより開催される2017年、そして2018年に開催される歌舞伎イベント。日本の中心地「東京」と伝統芸能「歌舞伎」を組み合わせたイベントで、東京から発信するエンターテ…

  • 「カンパニー 努力、情熱、そして仲間たち」は、2018年の2月~5月に宝塚大劇場で上演される月組公演である。伊吹有喜の「カンパニー」原作とし、脚本・演出を石田 昌也が担当。月組の珠城りょう、愛希れいかによる主演で開催され…