全国の演劇・舞台・ミュージカルチケットを多数取り扱い中です。 髑髏城の七人のチケットをはじめ、ポーの一族ひかりふる路テニミュ(テニスの王子様)などのチケット売買が可能です。 ジャニーズの舞台宝塚歌劇団劇団四季などからも演劇・舞台・ミュージカルのチケットを探すことができます。

か〜こ

  • その豊富なネタとギャグで人々を魅了しているのは、お笑いコンビCOWCOW(カウカウ)だ。天性のお笑いセンスに恵まれた彼らは、お笑い界でも高い評価を受けている。大阪NSCで学んでいた時代からJNN系列素人名人会で名人賞を受…

  • かがみのかなたはたなかのなかにとは新国立劇場で2017年末に公演される舞台作品。近藤良平、松たか子などの実力派俳優が出演し大好評となった2015年の同名の舞台を2017年末に再び上演。鏡を境にした2つの世界で巻き起こる物…

  • 風間杜夫は東京都出身の俳優だ。8歳の時に大物俳優を多数輩出する児童劇団 東童に入団。東映児童演劇研修所の1期生となった。子役としてすぐにブレイクした風間は有名監督の映画に多数出演するという売れっ子に。学校にも通えないほど…

  • 桂歌丸は、日本テレビの番組「笑点」でもお馴染みの落語家。現在は、社団法人落語芸術協会の5代目会長として落語界を牽引している。笑点では、長い間大喜利レギュラーとして活躍した後、放送開始50周年を迎え自ら勇退を決めるまでの1…

  • 桂梅團治は、岡山県倉敷市出身の落語家である。1980年4月に3代目桂春團治に入門し、春秋という高座名で1982年に初舞台を踏んでいる。1997年に4代目桂梅團治を襲名し、同年に独演会「梅満会」を開催している。大の鉄道ファ…

  • 桂かい枝は、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属している落語家で、師匠は5代目桂文枝である。定紋は結三柏、出囃子は三枚弾きである。上方落語協会の会員で、大阪樟蔭女子大学の客員教授をはじめ、名古屋大学の非常勤講師や…

  • 桂 吉弥は、上方落語協会会員、そして俳優としても活動する落語家。1994年に桂 吉朝のもとへと出向くと、翌1995年から修行を開始。1997年には「ABCお笑い新人グランプリ」にて審査員特別賞を受賞。以降も数々の新人賞か…

  • 桂三幸は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の落語家である。上方落語を専門とし、2002年より活動している。落語家と講談師で組まれたユニット・セブンエイトのメンバーで、「7時だヨ!8人集合」というイベントに出演し…

  • 桂三四郎は、兵庫県神戸市出身の上方の落語家である。所属事務所は、よしもとクリエイティブ・エージェンシー。ピン芸人を目指していたが、桂 三枝(現:六代桂文枝)の落語CDを聞き、2004年4月に桂三枝に入門。現在の芸名を命名…

  • 桂ざこばは、上方の落語家、タレントである。中学卒業後に桂米朝に入門を許され、師匠米朝が司会を務める「お笑いとんち袋」のレギュラーとなった。トップホットシアターでは自作のネタが人気になり、千日劇場の看板芸人となる。以後、東…

  • 桂 春蝶は、大阪府吹田市出身の上方の落語家である。実父は2代目桂 春蝶。1993年1月に父を亡くしたことをきっかけに落語家の道を志すことになり、1994年4月に父の師匠にあたる3代目桂春団治に入門し、春菜を名乗り活動を始…

  • 桂雀々は、ラルテに所属している上方の落語家である。読みは「かつら じゃくじゃく」だが、通り名は「けい じゃんじゃん」。弟子には桂優々がおり、過去には桂鈴々や桂草々などもいた。桂雀々の落語家としての人生は、1997年に桂枝…

  • 桂 南光は、1970年に桂 小米(故・枝雀)に入門。1972年の初舞台を経て数々の高座を務めるほか、テレビ・ラジオなどでも活躍する米朝事務所所属の落語家だ。入門時から桂べかこの芸名を名乗り、1984年には第1回「桂べかこ…

  • 桂 南天は、米朝一門の中堅落語家だ。1991年に桂 べかこ(現・桂 南光)に入門し、桂 こごろうの芸名で落語会「岡町落語ランド」で初高座を務める。以後、噺家として精進を積みながら、ラジオ大阪「桂 こごろうのワイワイじゃ~…

  • 桂 文我は三重県松坂市出身の落語家である。本名は大東幸浩である。出囃子(登場時の音楽)は「せり」。所属は米朝事務所。松山市立中部中学校に在学中の時から落語が好きで、教師に頼んで落語の部活を立ち上げるほどだった。その後、三…

  • 六代・桂文枝は、西川きよし、笑福亭仁鶴と並び、吉本興業の三大巨頭と称される落語家の一人だ。桂三枝名義で活動し「三枝師匠」「サニー」「さんちゃん」などの愛称で親しまれてきた。落語家としてはもちろんのこと、司会者としても大変…

  • 桂 文珍とは、吉本興業に所属し、2010年に紫綬褒章を受賞している国民的落語家。1969年に当時の5代目桂文枝へと弟子入りすることで業界での活動がスタート。落語家としての活躍は当初は非常に地味な存在であったが、その後自身…

  • 桂米團治は、大阪府出身の落語家。父は人間国宝の3代目桂米朝の落語家。幼い時から喋りが流暢でなかった彼は、親から落語家は向いてないと言われて諦め、他の道を歩もうとしていた。そこに米朝の弟子らが彼の入門を後押し無事に入門。2…

  • 加藤健一事務所とは俳優として活動する加藤健一により発足され彼1人が所属している演劇事務所。テレビドラマや映画で高い評価を獲得しながら舞台役者としても高い注目を集めている実力派俳優加藤健一。数々の賞に輝き、演劇に対しては定…

  • カナリアは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属、2003年結成のお笑いコンビである。メンバーは安達健太郎(ボケ担当)とボン溝黒(ツッコミ担当)で共に大阪NSC21期生。 安達の歌唱力を生かしたネタを披露することが…

  • 狩野英孝は、ナルシストキャラクターでブレイクしたお笑い芸人。一世を風靡した彼の持ちネタは「ラーメン、つけ麺、僕イケメン」と「スタッフゥ〜」と呼びかけるネタ。2008年に大ブレイクするも、翌年には「来年消えていそうな一発芸…

  • 歌舞伎ディナーショーとはARYU CORPORATIONにより開催される2017年、そして2018年に開催される歌舞伎イベント。日本の中心地「東京」と伝統芸能「歌舞伎」を組み合わせたイベントで、東京から発信するエンターテ…

  • かまいたちはよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いコンビで、濱家隆一と山内健司が2004年に結成した。元々鎌鼬の名前で活動していたが、2009年にげんざいのかまいたちへと変更した。2007年「第28回ABCお…