ピヨピヨレボリューションは、2015年に創設された右手愛美主宰の演劇集団だ。旗揚げ公演「土砂降りぶりっこ」では、オール女性キャストによる歌とダンスとお芝居が融合したポップ感覚のエンターテイメントショーを披露し、大きな話題を呼んだ。2016年には1ヶ月におよぶロングラン公演「Gliese」を上演し、2000人を超える観客動員数を記録。音楽ライブのように出演者と観客が一体となるジャンルの枠を越えた舞台は「ライブstyle演劇」と呼ばれ、人気を集めている。2018年2月には若手劇団による演劇祭「藤佐吉大演劇祭2018in北区」に「疫病神」で参加することが決まった。新感覚の演劇集団ピヨピヨレボリューションから目が離せない。

ピヨピヨレボリューションの日程

6人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ピヨピヨレボリューションについて

ピヨピヨレボリューションの魅力とは

2013年から音楽劇のプロデュースを手がけてきた元カリスマモデル・女優の右手愛美が、新たに立ち上げた演劇集団「ピヨピヨレボリューション」。2015年にオール女性キャストによる旗揚げ公演「土砂降りぶりっこ」でデビューし、演劇界にセンセーションを巻き起こした。脚本・作曲は右手愛美が務め、演出を匿名○希望、音楽監修をおかざきめぐみが担当し、第2回公演「妖怪パラダイス」、第3回公演「Gliese」と上演を重ね、既存の演劇の枠組みにはまらない奇想天外な「ピヨレボワールド」を披露し、多くのファンを惹きつけている。

ピヨピヨレボリューションの魅力の一つに挙げられるのが多彩なオリジナル楽曲の数々。オペラやクラシックを学んだおかざきめぐみと右手愛美が作曲するバラエティ豊かな楽曲がストーリーとシンクロし、まるで音楽ライブのような高揚感と臨場感を体感することができる。2017年10月にはピヨピヨレボリューションの派生ユニット「ピヨピヨXXX(ちょめちょめ)」も誕生。今後、鹿島田織恵・六川裕史・石川琴絵・小板奈央美・鶴岡政希の5人による新しいステージ活動も期待される。ピヨピヨレボリューションが目指す演劇革命をその目で確かめてほしい。

ピヨピヨレボリューションが好きな方はこんなチケットもおすすめ