ピロカルピンは、2003年に結成されたギターロックバンドだ。松木智恵子(Vo./Gt.)がインターネットを通してメンバーを募集し、岡田慎二郎をギタリストに迎え、サポートメンバーとしてサカモトノボル(Ba.)、冨田洋之進(Dr.)を加えて、下北沢を拠点にバンド活動を展開している。バンド名は緑内障治療薬に由来し、「見えなくなった視界を取り戻す」「使い方によっては薬にも毒にもなる」という意味が込められている。インディーズ時代に4枚のシングルと3枚のアルバムを発表し、2012年 にユニバーサルJより1st アルバム「蜃気楼」でメジャーデビューを果たした。松木智恵子の透き通った少年のようなイノセントボイスとエッジのきたサウンドが人気を集めている。ピロカルピンの淡く幻想的な世界は、聴く人の心を掴んで離さない。

ピロカルピンの日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ピロカルピンについて

幻想とイマジネーション溢れるギターロックバンド、ピロカルピンの魅力とは

ボーカル・松木智恵子の少年のようなイノセントボイスが印象的なギターロックバンド・ピロカルピンは2003年に松木智恵子がインターネットでメンバーを募集したことがきっかけで、岡田慎二郎(Gt.)と出会い、バンド活動を開始した。幾度かのメンバーチェンジを経て、4人編成ロックバンドとして、2009年に、タワーレコードから「人間進化論」、HMVから「京都」を同時発売し、インディーズデビューを飾り、2枚とも瞬く間にSOLD OUTとなる。その後、「落雷」「幻聴と幻想の現象」「宇宙のみなしご」の3枚のアルバムをリリースし、UKギターロックのストレートなサウンドと透明感のあるボーカルが醸し出す幻想的な世界観が注目を集めた。
2012年にはユニバーサルミュージックより1st アルバム「蜃気楼」でメジャーデビューを果たし、翌年には1stフルアルバム「太陽と月のオアシス」に収録した「時の抜け殻」が映画監禁探偵」の主題歌に起用された。2014年からは自主レーベル「miracle oasis music」を設立し、アルバムの制作・発表を行っている。2017年春にはクラウドファンディングの手法により新アルバムが発表される。2016年11月にクラウドファンディング実施記念ワンマンライブが開催される。幻想とイマジネーションを掻き立てるピロカルピンの世界観に浸ってみてほしい。

ピロカルピンが好きな方はこんなチケットもおすすめ