パイオニア交響楽団とは1992年にパイオニア株式会社の社員を中心にその家族や友人などで結成されたアマチュアオーケストラである。パイオニア株式会社は「より多くの人と、感動を」を理念に企業活動を展開しているが、パイオニア交響楽団はこれに「楽しく」を付け加えて活動の原点としている。現在までに24回の定期演奏会と6回のミューズコンサートを開催しており、2005年には愛知万博においてベルギーの日の記念行事として催されたコンサートに出演している。関西フィルハーモニー管弦楽団札幌交響楽団名古屋フィルハーモニー交響楽団などで共演も数多く行っている黒岩英臣が指揮者を行う公演もある。

パイオニア交響楽団の日程

0人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

パイオニア交響楽団について

パイオニア交響楽団とは

パイオニア交響楽団はパイオニア株式会社の社員を中心に結成されたアマチュアオーケストラである。現在メンバーはパイオニアグループ社員およびその社員の家族にとどまらず、プロの音楽家や、楽器製作者、消防士など多方面から集まっている。
年に1、2回の定期演奏会を行っており、関西フィルハーモニー管弦楽団で常任指揮者を務めたこともある指揮者の黒岩英臣が指揮を行い演目によっては藤原歌劇団で指揮を執る佐藤宏や東京ユニバーサル・フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者である松岡究が指揮を執った公演もある。

定期演奏会での曲目もベートーベンの交響曲第5番「運命」やチャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」、ブラームスのバイオリンとチェロのための二重協奏曲などのクラシックの名曲から合唱団とのジョイントでワーグナーの楽劇であるトリスタンとイゾルデより「前奏曲と愛の死」、ワーグナーの楽劇ニュルンベルクのマイスタージンガーより「第1幕への前奏曲」、ヴェルディの椿姫より「プロヴァンスの海と陸」など幅広く演奏を行っている。

昨今のアマチュアオーケストラはハイレベルなものとなっており、パイオニア交響楽団の演奏もかなり高いものとなっている。
彼らのかかげている「一生懸命になって自分の音楽をお伝えすべく熱い演奏」をコンサートホールでぜひ拝聴していただきたい。

パイオニア交響楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ