大王ホネヌキマン様が率いるバンド、ピアノゾンビ。ヴォーカルギターのアキパンマン、ギタリストの中島マン、ベーシストの北松戸マン、ドラムスのヘルプマン、下僕、そして大王でありキーボードでありダンス担当のホネヌキマンからなる。2007年の9月に浜松メスカリンドライブで初ライブを開催。2008年の2月と12月には新宿ACB Hallにてワンマンライブ「ホネ殺しナイトVol.1」「ホネ殺しナイトVol.7」を行う。2009年にはファーストアルバムである「弾けなくて」をリリース。その後10月には 目黒鹿鳴館においてワンマンライブ「ホネ殺しナイトVol.10」を開催しチケットはソールドアウト、その人気を見せつけた。

ピアノゾンビの日程

83人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ピアノゾンビのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/24 12:00更新)

ピアノゾンビのライブについて

ピアノゾンビのライブの魅力とは

2010年にはセカンドアルバム「まだ弾けなくて」をリリース、翌2011年にはサードアルバム「そりゃ弾けなくて」をリリース、もともとはアキパンマンがピアノを入れてJ-POPをやりたいという強い希望から始めたバンドだったが、なぜかおかしな方向へ走り出してしまった。そう、意図せずに独特な世界が溢れ出しているのだ。これこそが独創性ではないだろうか。チケットを手にしてピアノゾンビの世界を堪能してほしい。以降は耳にゾンビのように楽曲がまとわりつく、そんなきっかけとなるチケットだ。

ピアノゾンビが好きな方はこんなチケットもおすすめ