スクウェア・エニックスの「ファイナルファンタジー」。今や知らない人はいないであろう大人気ゲームシリーズである。これまで多くのソフトが発売されており、発売当日は店頭でオープンを待つファンが行列を作る。世界中で人気の本作は、クオリティやストーリーの良さも評判であるが、プレイ中に流れる楽曲も人気だ。これまでに楽曲をメインとしたイベントが数多く開催され、ゲームファンのみならず音楽好きの人の間でも話題となった。2017年には30周年を迎えるとのことで、「BRA★BRA FINAL FANTASY BRASS de BRAVO 2017 with Siena Wind Orchestra」や「FINAL FANTASY XV Piano Collections 夜に満ちる律べ」など、さまざまな催しがおこなわれる予定だ。今後の展開から目が離せない。

ファイナルファンタジー(FF)の日程

371人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ファナルファンタジーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/29 12:00更新)

FINAL FANTASYについて

FINAL FANTASYの魅力とは

FINAL FANTASYは、スクウェアエニックスが発売したロールプレイングゲームである。「FF」の愛称で、ゲーム好きのみならず多くの人から親しまれている作品だ。これまで数多くのシリーズを発売し、そのどれもが大ヒットを記録してきた。1作目から最新作まで全てをプレイする人も少なくないことだろう。根強いファンがいるからこそ、FFはゲーム界のトップに君臨し続けているのだ。

FFの魅力はゲームのクオリティだけではない。プレイ中の音楽も大変人気なのである。ロンドン交響楽団によるFINAL FANTASYオーケストラコンサートとして2013年に開催された「Final Symphony - music from FINAL FANTASY VI, VII and X」はゲームの世界観を上質な音で魅了し、観客を感動させた。これが大反響を呼び、2015年にも「Final Symphony II - music from FINAL FANTASY V, VIII, IX and XIII」と題して第2弾が開催された。作曲家の植松伸夫、浜渦正志が生み出したFINAL FANTASY V、VIII、IX、XIIIの楽曲がロンドン交響楽団の演奏によって色鮮やかに蘇り、会場は感動の渦に包まれた。ステージには植松伸夫、浜渦正志も登壇し貴重なひとときとなった。

ゲームはもちろんのこと、その素晴らしい音楽にも注目してほしい。さらにFFの世界を楽しむことができるだろう。

ファイナルファンタジー(FF)が好きな方はこんなチケットもおすすめ