舞台 PHOTOGRAPH 51取扱中!PHOTOGRAPH 51は、作家アナ・ジーグラーによる演劇作品である。物語は、DNAの二重らせん構造を発見したが、ノーベル賞受賞に至らなかったイギリスの女性科学者ロザリンド・フランクリンと、フランクリンを取り巻く5人の男性を描いた作品だ。2015年9月にロンドンのウエストエンドで上演され、主演のロザリンド・フランクリンをアカデミー賞受賞女優のニコール・キッドマンが演じ、大好評を博した。その同作が、2018年4月に日本初演を迎えることになり、フランクリン役を演じるのは舞台初出演の板谷由夏で、共演には神尾佑、矢崎広、宮崎秋人、橋本淳、中村亀鶴らが名を連ねている。日本版はどのような作品になるのか期待が高まる。

舞台 PHOTOGRAPH 51

29人が登録中

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

PHOTOGRAPH 51の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

PHOTOGRAPH 51のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(4/26 00:00更新)

PHOTOGRAPH 51について

PHOTOGRAPH 51の魅力とは

PHOTOGRAPH 51は、2015年9月にロンドンのウエストエンドで上演された、作家アナ・ジーグラーによる演劇作品だ。1950年代の女性科学者ロザリンド・フランクリンに焦点を当てた作品となっており、DNA構造の発見に大いに貢献したにも関わらず、彼女の研究者としての成果は生涯日の目を見ることがなかったことがピックアップされている。本作では、研究に全てを捧げたフランクリンと、フランクリンを取り巻く5人の男性が描かれている。イギリスはロンドンのウエストエンドでフランクリンを演じたのは、アカデミー賞受賞女優のニコール・キッドマンであり、その演技は称賛を多く得ており数々の賞で最優秀女優賞を獲得。日本においては、2018年4月に東京と大阪での上演が予定されており、サラナ・ラパイン演出、舞台初出演となる板谷由夏が主演のフランクリン役を担当することが発表されている。そのほか共演者には、神尾佑、矢崎広、宮崎秋人、橋本淳、中村亀鶴らが名を連ねており、フランクリンを取り巻く男性を演じる。ロンドンでは大好評を得ている本作が、女性から絶大な人気を集めている板谷由夏の主演で、どのように再現されるのか注目していきたい。

PHOTOGRAPH 51が好きな方はこんなチケットもおすすめ