フィリップ・ドゥクフレ カンパニーとは1961年パリ生まれのダンサー、振付家として活躍するフィリップ・ドゥクフレが結成したダンスカンパニーである。サーカス学校で理論や実践を学び、パントマイム学校でマルセル・マルソーからパントマイムを学んだフィリップ・ドゥクフレが率いるダンスカンパニーDCAが創り出す舞台は、サーカスなどの要素をたっぷりと盛り込んだアクロバットな宙吊りやユニークなダンスを映像マジックを巧みに使ったイリュージョンとの融合で演出する。世界各国でダンス・パフォーマンスを公演しているDCAのチケットは非常に人気がありフィリップ・ドゥクフレが創り出す摩訶不思議で幻想的な舞台には多くのファンが存在している。

フィリップ・ドゥクフレ カンパニーの日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

フィリップ・ドゥクフレ カンパニーの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

フィリップ・ドゥクフレ カンパニーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/4 00:00更新)

フィリップ・ドゥクフレ カンパニーについて

フィリップ・ドゥクフレ カンパニーとは

フィリップ・ドゥクフレ カンパニーは天才演出家であるフィリップ・ドゥクフレのカンパニーDCAだ。
サーカス学校でシルクの理論や実践を学びパントマイム学校で、パントマイムの神様といわれたマルセル・マルソーからパントマイムを学んだフィリップ・ドゥクフレは若くして才能を開花し、1992年にフランスで行われたアルベールビルオリンピックで開会式に携わり、サーカスとダンスが交錯する奇想天外な演出で世界各国で注目を集めた。

フィリップ・ドゥクフレが結成したカンパニーであるDCAは世界各国で絶大な人気を誇っており2016年10月、最新作が満を持して日本での公演が決定した。
ゲーテの「ファウスト」にインスパイアされた創造された演目「CONTACT-コンタクト」はフィリップ・ドゥクフレの基盤となっているサーカス、コント、ダンス、そして幻想的な映像と音楽が融合し今まで見たこともない舞台となっている。
10月22日、23日には新潟県にあるりゅーとぴあ新潟市民芸術文化会館にて、10月28日~30日には埼玉県にある彩の国さいたま芸術劇場 大ホールにて行われる。
世界で認められたフィリップ・ドゥクフレのカンパニーDCAが創り出す幻想的な舞台をぜひ生で体感していただきたい。

フィリップ・ドゥクフレ カンパニーが好きな方はこんなチケットもおすすめ