フィルハーモニックアンサンブル管弦楽団は1976年、立教大学交響楽団OBにより結成されたオーケストラである。一般の社会人オーケストラとして門戸を広く開放している楽団であり東京を中心に活動を続けている。音響の良いホール探しにも余念がなく本拠地東京以外にも広く様々なホールを訪ねているが、これは「ホールも楽器の一部」という基本理念に基づいている。常に外部地域との交流を心がけており、トップアーティストや一流ソリストを迎えるなどオーケストラのレベル向上に力を注いでいる。1992年USコンサートツアーではフィラデルフィア、ニューヨークのカーネギーホールなどで公演。フィルハーモニックアンサンブル管弦楽団は海外での活動でも高い評価を受けている。

フィルハーモニックアンサンブル管弦楽団の日程

10人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

フィルハーモニックアンサンブル管弦楽団について

フィルハーモニックアンサンブル管弦楽団とは

1976年に合唱団の依頼に応えるかたちで「メサイア」祝祭オーケストラとして立教大学交響楽団OBにより結成されたフィルハーモニックアンサンブル管弦楽団。
一般の社会人オーケストラとして門戸を広く開放している楽団であり東京を中心に活動を続けている。音響の良いホール探しにも余念がなく本拠地東京以外にも広く様々なホールを訪ねているが、これは「ホールも楽器の一部」という基本理念に基づいている。

常に外部地域との交流を心がけており、トップアーティストや一流ソリストを迎えるなどオーケストラのレベル向上に力を注いでいる。
1992年USコンサートツアーではフィラデルフィア、ニューヨークのカーネギーホールなどで公演。これを皮切りに1998年にはウィーン、2000年北京、2002年ベルリンと海外での演奏会を通し日本をモチーフにした曲、古典を題材にした作品などの紹介に尽力している。

また演奏会のライヴCDもリリースしており、マーラー/交響曲第2番「復活」やR・シュトラウス「英雄の生涯」、そしてトランペット奏者K・グロート教授と共に、トランペットの名曲を収録した「トランペット協奏曲集」、トロンボーン奏者オラフ・オットと「トロンボーン協奏曲集」などもリリースしている。

フィルハーモニックアンサンブル管弦楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ