ペレスプラード楽団はマンボキングと称されるダマソ・ペレス・プラードが結成した楽団である。1916年にキューバに産まれたペレス・プラードは幼少時からクラシックピアノを学び、地元のクラブや映画館でピアノなど演奏していた。その後、首都のハバナに進出すると、新しいリズムのマンボ演奏した。1948年にペレス・プラード楽団を結成。1950年には代表曲となる「マンボNo.5」、「マンボNo.8」を発表し大ヒットを記録。1955年には「チェリー・ピンク・チャチャ(セレソ・ローサ)」が映画「海底の黄金」のテーマ曲に使用され全米ヒットチャートで10週連続第1位を記録する大ヒットとなった。ペレスプラード楽団は設立者であるペレスプラード没後も更なる発展を遂げ、活動を続けている。

ペレスプラード楽団の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ペレスプラード楽団について

ペレスプラード楽団とは

マンボキングと称されるダマソ・ペレス・プラードが結成した楽団「ペレスプラード楽団」。
幼少時からクラシックピアノを学び、地元のクラブや映画館でピアノやオルガンなど演奏していたペレス・プラードはその後首都のハバナに進出すると、新しいリズムのマンボ演奏した。

1948年にペレス・プラード楽団を結成。1950年には代表曲となる「マンボNo.5」、「マンボNo.8」を発表し大ヒットを記録。1955年には「チェリー・ピンク・チャチャ(セレソ・ローサ)」が映画「海底の黄金」のテーマ曲に使用され全米ヒットチャートで10週連続第1位を記録する大ヒットとなった。
ペレス・プラードの楽団においての役割は主に指揮であるが掛け声をかけながら激しく煽るスタイルで一躍人気アーティストに。その掛け声は世界でも1番有名と言っても過言ではない。この「マンボNo.5」は日本でもありとあらゆるテレビ番組で使用され知らない人はいない曲となった。また「tabu」はドリフターズでお馴染加藤 茶のコントで使用されリバイバルされ注目を集めた。

ペレス・プラードの没後もその意思を継いで、さらなる発展、活動を続けているペレス・プラード楽団。日本でのコンサートもあるので1度は生でその音楽を体感したい。

ペレスプラード楽団が好きな方はこんなチケットもおすすめ