ペンドラゴン(Pendragon)はイギリスのプログレッシヴロックバンドだ。イギリス、メロディックロックのトップバンドとして業界を牽引してきたと言っても過言ではない。1978年にニック・バレットを中心として結成され、1984年ミニアルバム「FLY HIG,FALL FAR」でデビューした。2014年10月、最新アルバム「Men Who Climb Mountains」をリリース。2016年5月には「仮面舞踏会への序曲(THE MASQUERADE OVERTURE)」がポーランドで開催された。この発表20周年記念公演を収録したライヴDVDが2017年4月、日本でも発売。ペンドラゴンの代表作品かつ1990年代シンフォニック・ロックを代表する傑作の1枚だ

Pendragon(ペンドラゴン)の日程

4人が登録中

現在登録されている公演はありません

枚数

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ペンドラゴン(Pendragon)について

ペンドラゴン(Pendragon)の魅力とは

プログレッシヴロックとは、1960年代後半にイギリスで生まれたロックジャンルの一つ。1970年代後半から衰退したとされているため活動しているバンドは極めて少なく、中でもペンドラゴンは貴重なバンドだ。クラッシック的な音楽性を含むのがプログレッシヴロックの特徴。ペンドラゴンのサウンドにもその要素が取り込まれており、メロディラインの美しさ、ファンタジックな世界に魅了される。

ペンドラゴンは2015年に新メンバーのJan-Vincent Velazcoを迎え、さらに英国的風情に満ちた幻想的なサウンドでファンを増やしている。バンドの目指す「シンフォニックなファンタジックロック」を突き進んでいった。ペンドラゴンの代表作品となる「仮面舞踏への序曲」は、ファンタジックなジャケットアートと幻想的なタイトルに惹きつけられるだけではなく、壮大なスケールが話題のアルバムだ。崇高な混声合唱の入ったイントロから始まり、クラシカルな重厚さとオーケストラルな広がりが感じられる作品となっている。流麗なギターメロディと、美しいシンセが交差する音に引き込まれていくようだ。あなたもファンタジックメロディアスなサウンドを体験しに行こう。

Pendragon(ペンドラゴン)が好きな方はこんなチケットもおすすめ