ブロードウェイミュージカル ピーターパン取扱中!「ピーター・パン」は、ジェームス・マシュー・バリーの戯曲「ケンジントン公園のピーター・パン」、小説「ピーター・パンとウェンディ」を基にして制作されたミュージカル作品。1981年にホリプロ提供で日本で初めて公演された。歴代のピーターパン役には、榊原郁恵、相原 勇、中村美貴、宮地真緒、高畑充希などがいる。子供たちにも理解しやすいストーリーで、素晴らしいメロディが心に残る作品だ。感動の物語、迫力の音楽、心ときめくフライング、豪快なアクション、軽快なダンスナンバーなど、見どころが満載なのも本作ならではと言えるだろう。一度は観ておきたい名作の一つだ。

ブロードウェイミュージカル ピーターパン

240人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ピーターパンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(6/26 12:00更新)

「ピーター・パン」について

「ピーター・パン」の魅力とは

架空の舞台で魔法や空を飛ぶなど、非現実的な冒険を扱った作品「ピーター・パン」。この作品は、永遠の少年ピーターパンが架空の世界ネバーランドで日夜冒険を続けるという物語で、ロンドンに住むウェンディたちのもとにピーターパンが訪れるところから始まる。ピーターパンと仲良くなったウェンディはジョンやマイケルと一緒にネバーランドに行き、そこでカーリー、トートルズ、スライトリーたちと一緒に暮らすことに。ネバーランドでの生活は海賊に襲われたりハラハラドキドキ冒険に満ちた生活を送り、ウェンディはそこで子供たちのお母さん役として活躍する。物語の前半はピーターパンたちの日常生活と海賊たちとの滑稽な戦いがメインとして進み、後半はルナと知り合ったことからダークネスとの戦いに移り、前半までのドタバタとは違って少しシリアス路線に変わる。こういったメリハリのあるストーリー展開が観る者を飽きさせないのだろう。

本作は1981年、榊原郁恵の主演により日本で初めてミュージカルとして上演された。ブロードウェイ黄金期であった時代に発表され、感動のストーリーや迫力の演技はもちろんのこと、音楽、アクション、ダンスなどがふんだんに散りばめられ、見応えたっぷりだ。また、わかりやすい内容となっており、大人はもちろん子供も楽しめるのが本作の魅力の一つと言えるだろう。ぜひとも劇場で楽しんでいただきたい。

ピーターパンが好きな方はこんなチケットもおすすめ