ポール・モーリアとは、ラブ・サウンドの王様とも呼ばれている音楽界に革命をもたらしたフランス出身の音楽家。幼少期から音楽に触れ、地元の音楽院へと進み才能を開花させる。ピアノを首席で卒業し以降いくつものバンドやオーケストラに参加。1959年には音楽レーベルへと入ることで以降の音楽活動のきっかけとなる。彼の音楽の特徴は「イージーリスニング」と呼ばれる歌詞のないメロディアスなサウンドの制作。1960年代を境に日本でも多く彼の曲が入ってきており、現在の日本人でも馴染みのある曲が存在。「恋はみずいろ」「オリーブの首飾り」などはまさに彼を象徴する人気作品であり、一度曲を耳にすれば誰しもが納得する曲である。2017年には彼の楽曲を蘇らせる「ポール・モーリア・リメンバー・コンサート2017」の開催が決定。今なお色褪せない懐かしの名曲が響き渡る。

ポールモーリアの日程

55人が登録中

現在登録されている公演はありません

キーワード

枚数

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ポールモーリアの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ポールモーリアのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/21 06:00更新)

ポール・モーリアについて

ポール・モーリアの魅力とは

ポール・モーリアは、イージーリスニングの立役者であり1960年代を代表する音楽家の一人。フランス出身の彼は地元マルセイユにて音楽を学び、ピアノ、チェンバロなど楽器の演奏だけでなく作曲家としても高い才能を発揮することになる。レコードデビューを果たすのは1957年。楽団への参加で高い能力を発揮したことにより実現したものでそれから2年後に移籍したレーベルでその真の才能を発揮することになる。その頃には既に100曲を超える楽曲のアレンジをおこなっているが、当時は編曲家としての活動が主となっていた。1968年に自身のヒット作となる「恋のみずいろ」を発表。一気に知名度を上げ当時世界中で500万枚というセールスを記録する。

代表曲はまさに「聴けば分かる」といったものばかりであり、「蒼いノクターン」、「エーゲ海の真珠」、そして日本でもマジックのBGMとしてお馴染みの「オリーブの首飾り」などが存在。いずれも彼の得意とするイージーリスニングに属する作品であり、口ずさむが如く軽快に音を感じることができるサウンドである。歴史的な功績を残した彼はフランス文化省から芸術文化勲章を授けられるなど音楽界では伝説的な存在となる。2006年に白血病で逝去。彼の残したものは今でも人々の心に刻まれている。

ポールモーリアが好きな方はこんなチケットもおすすめ