stage vol.11 JOURNEY 浪花忍法帖取扱中!劇団Patchとは関西を拠点に活動を行う演劇集団。2012年に結成されその年の旗揚げ公演から毎年公演を続けている。在籍するキャストはいずれも若く可能性に溢れた逸材ばかり。加えて劇団結成時のオーディションで3000人の中から選ばれた精鋭達ばかりでその実力も確か。既に劇団からテレビなどの活動へと広げる者も現れはじめ、確実に個々の力に磨きがかかっている。旗揚げ公演となったのは「OLIVER BOYS」。2017年にはPatch stage vol.11として「JOURNEY 浪花忍法帖」の公演が決定している。戦国の世で戦いに身を預ける忍びの活躍を描いた作品で、本劇団では初となる役替わりの好演が決定。主人公恵比三をはじめ他メインキャラクターを2人のキャストで演じることになる。ビジュアルも実力も見ごたえ十分の関西きっての劇団となる。

stage vol.11 JOURNEY 浪花忍法帖

258人が登録中

キーワード

枚数

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

劇団Patchのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/18 00:00更新)

劇団Patchについて

劇団Patchの魅力とは

劇団Patchは、2012年に結成され、関西を中心に活動する演劇集団。20歳前後の男性だけで結成された演劇集団であり、若さと熱意を存分に発揮する迫力ある舞台を作成している。2012年の結成の年に俳優であり劇作家でもある末満健一作・演出による旗揚げ公演「OLIVER BOYS」を上演。以降は年に2、3本の舞台作品をコンスタントに送りファンを増やしていく。毎年時代も設定も様々な舞台作品を作っており、2016年には週刊少年ジャンプで人気の漫画作品を原作とする「磯部磯兵衛物語 浮世はつらいよ」の舞台を上演している。

オーディションで勝ち上がったメンバーだけに、演技の実力、熱は人一倍強い。そのためコメディ作品でもアクション作品でも高いクオリティを披露しており、演劇集団としての実力は非常に高い。関西を拠点にしているため舞台作品の舞台も関西となることが多い。記念すべき10回目の公演となる「羽生蓮太郎」では大阪の架空の街を舞台に浪花節シェイクスピアと称した物語を届けている。その時、その都度で新しい顔を見れるのが本劇団の面白い部分だ。メンバーそれぞれは既に個々での活躍もこなしはじめており、メンバーの一人である井上拓哉は2017年の実写映画「心が叫びたがってるんだ。」に出演が決定している。関西から発進する本格的演劇集団であり、全国へと羽ばたく役者の育成にもなっている。

劇団Patchが好きな方はこんなチケットもおすすめ