パスラボ山形ワイヴァンズは、2015年4月に設立されたB.LEAGUEの2部東地区に所属し、山形県をホームタウンとするバスケットボールチームだ。チーム名の「パスラボ」は人から人へのパスを開発する研究所という意味を持ち、「ワイヴァンス」は古の伝説のドラゴンに由来する。2014-15シーズンからNBLの下部リーグNBDLに加盟し、地域を上げてチームを育成してきた。マスコットキャラクター「ヴァンゴー」はワイヴァーンの子どもの姿をしており、鋼の闘志で相手に立ち向かい、オーディションを経た精鋭のチアリーダーたちが気合の入ったダンスを披露する。チーム所属2年目となる選手が多く、地元出身でアースフレンズ東京Zから移籍した得点力のある佐藤正成(SG)を新キャプテンに起用した。B.LEAGUEの空へ伝説のドラゴンが羽ばたく時がきた。

パスラボ山形ワイヴァンズの日程

0人が登録中

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

パスラボ山形ワイヴァンズについて

伝説のドラゴンが羽ばたく!パスラボ山形ワイヴァンズの魅力とは

2005年にbjリーグが発足して以降、日本男子バスケットボールのトップリーグはbjリーグとJBL(2013年からNBLに改編)の2リーグが併存する状態が続いていた。国際バスケットボール連盟 からの強い要望を受け、川淵三郎をチェアマンとした「JAPAN 2024 TASKFORCE」の主導の下、2015年4月、長年の課題だった統一プロリーグ・JPBLが設立された。JPBLは通称「B.LEAGUE」と呼ばれ、1部(18チーム)、2部(18チーム)、3部(9チーム)の階層に分かれ、1部と2部は東・中・西地区に分かれてリーグ戦とチャンピオンシップを争う。

B.LEAGUE2部東地区に所属するパスラボ山形ワイヴァンズは、リンク栃木ブレックスの下部組織のチーム・TGI D-RISEから運営権の譲渡を受け、2014-15シーズンからNBDLに参入した。中世ヨーロッパの伝説の2本足のドラゴン「ワイヴァーン」をモチーフにした荒々しいパワーをプレーにおいても前面に出す一方、人から人へのパスを繋げることで戦いに勝利するだけでなく、地域との連携と交流を目指していく。
マスコットキャラクターの「ヴァンゴー」はワイヴァーンの子どもで、どんな強い相手でも真っ向から戦いを挑むチームスピリットを象徴している。
東海大学時代に全日本大学バスケットボール選手権を2連覇した地元出身選手の佐藤正成(SG)をキャプテンに、チーム一丸となってB.LEAGUEに挑戦する。

パスラボ山形ワイヴァンズが好きな方はこんなチケットもおすすめ