パスカルロジェ(Pascal Roge)はフランス パリ出身のピアニストだ。フランスの音楽一家に生まれたパスカルロジェは11歳の時にパリでデビュー。17歳の時にデッカレコードと専属契約している。パリ音楽院を首席で卒業後にアメリカ人ピアニストのジュリアス・カッチェンに唯一師事した人物と言われている。フランスを代表するピアニストとして知られるパスカルロジェはほぼ全ての世界主要コンサートホールで演奏。パリ管弦楽団を始め、フィラデルフィア管弦楽団モントリオール交響楽団、そしてNHK交響楽団とも共演を果たしている。また日本からの招待も多いパスカルロジェは2016年から17年にかけて再び来日。東京を始め、岩手や京都などでコンサートを開催する。

パスカルロジェ(Pascal Roge)の日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

パスカルロジェの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

パスカルロジェのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/11 00:00更新)

パスカル・ロジェについて

パスカル・ロジェの魅力とは

フランス パリ出身のピアニスト パスカルロジェ(Pascal Roge)。
フランスを代表するピアニストとして知られるパスカルロジェはほぼ全ての世界主要コンサートホールで演奏を経験し、パリ管弦楽団を始めフィラデルフィア管弦楽団、モントリオール交響楽団、そしてNHK交響楽団など著名なオーケストラも共演を果たしている。
また受賞した賞も数知れず、グラモフォン賞、グランプリ・デュ・ディスク賞、エジソン賞など様々だ。日本を始めとして、世界中からイベントへの招待も多く、プーランク記念演奏会でのハーグ管弦楽団との共演やオーストラリア パース音楽祭への参加、シャトークア、サラトガのサマー・フェスティバルやグラン・カナリア・フェスティバルへの出演など多岐に渡っている。
イギリスやアメリカでの定期公演の他にもオーストラリア、ニュージーランドでのツアーやハンブルク、メキシコシティでのコンサート、イタリア、スペインでの室内楽ツアー、リサイタルなどその活動範囲は広く、正に世界が舞台。パスカルロジェは日本での活動も多く、いしかわミュージック・アカデミー、京都フレンチ・アカデミーの招待で毎年演奏し、大阪フィルハーモニー交響楽団の定期公演にも出演している。

パスカルロジェ(Pascal Roge)が好きな方はこんなチケットもおすすめ