2014年秋の宝塚バウホールに、フランスの文豪で「赤と黒」や「恋愛論」などの作品で知られるスタンダールの傑作長編小説を原作とした雪組公演「パルムの僧院 ―美しき愛の囚人―」が登場する。主演をつとめるのは2011年の「灼熱の彼方 〜『オデュセウス編』〜」以来3年振りの宝塚バウホールでの主演となる、ファンにとってはお待ちかねの彩風咲奈ということもあり、宝塚歌劇団のチケットも競争率激化必至の注目の公演である。19世紀初頭のイタリアの小公国パルムを舞台にした本作品は、神学校を卒業したばかりの純粋な主人公ファブリスの、育ての親である叔母のサンセヴェリーナ公爵夫人や、城塞長官の娘クレリアとの許されざる恋と、その激しい愛の炎で身を滅ぼしていく姿を描いた波乱万丈の愛憎劇。

パルムの僧院 美しき愛の囚人の日程

12人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

宝塚歌劇 パルムの僧院 美しき愛の囚人の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

宝塚歌劇 パルムの僧院 美しき愛の囚人のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/9 18:00更新)

パルムの僧院 美しき愛の囚人について

パルムの僧院 美しき愛の囚人の魅力とは

歴史の渦に翻弄されながらも、愛のためにすべてを投げ打ち、真っ直ぐに命を懸けて破滅へと突き進んでいく若者の姿を、儚くも美しく描いていく「パルムの僧院 ―美しき愛の囚人―」は、宝塚歌劇団によってさらにその作品の魅力が大きく花開くことになるだろう。そして主演をつとめる彩風咲奈にとっても、3年振りの宝塚バウホールでの主演という事もあり、今回の舞台に対する思いも強いものがあるはずだ。是非チケットを手に、一人の青年のドラマティックで波乱万丈な生き様を、その目に焼き付けてください。

パルムの僧院 美しき愛の囚人が好きな方はこんなチケットもおすすめ