ZERO(パク ソンチョル)はソウル出身の歌手だ。大学の音楽祭での優勝がきっかけとなりスカウトを受けたZERO(パク ソンチョル)は、1994年にバンド「ISSUE」のボーカルとしてデビューを果たした。1998年には「ADAM」として活動をスタート。これは韓国初となるサイバー歌手としてネットを中心に話題となった。2001年にはイ・ビョンホン、チェ・ジウ、リュ・シウォンなど韓国の人気俳優が出演するドラマ「美しき日々」にてサイバー歌手「ZERO」の歌を担当。この時に自身の名前も「ZERO」に改名している。このドラマは日本でも「冬のソナタ」に続き大ヒットとなり、これを機にZEROも来日。日本で活躍する韓国人アーティストの先駆け的存在となっている。

ZERO(パク ソンチョル)の日程

3人が登録中

すべての公演 出品中 (0) リクエスト中 (0)

もっと見る(52件) 閉じる

キーワード

枚数

席種

購入元

表示条件

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

ZEROの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

ZEROのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/19 18:00更新)

ZEROについて

ZEROの魅力とは

ソウル出身の歌手 ZERO(パク ソンチョル)。1994年にバンド「ISSUE」のボーカルとしてデビューを果たした。1998年には韓国初となるサイバー歌手「ADAM」として活動をスタート。1stアルバム「Genesis」、2ndアルバム「EXODUS」をリリースした。2001年にはイ・ビョンホン、チェ・ジウ、リュ・シウォンなど韓国の人気俳優が出演するドラマ「美しき日々」にてサイバー歌手「ZERO」の歌を担当し、自身の名前も「ZERO」に改名した。
この番組のヒットがきっかけとなり来日し、日本で活躍する韓国人アーティストの先駆け的存在となっている。「美しき日々」でNHKに問い合わせが殺到する程話題となったZEROは、作詞 秋元 康、作曲 徳永英明で「ドライフラワー」をリリース。2008年からはNHKハングル講座にレギュラー出演し、全国13か所を周るツアーを開催するなど精力的に活動している。 日本デビュー10年目となった2013年には全国コンサートツアー「うたいびと2013」を開催。幅広い年齢層から支持を受ける韓流歌手と言えるだろう。現在も「ZERO Xmas DINNNER SHOW 2016」の開催など、韓国はもちろん日本でも人気を博している。

ZERO(パク ソンチョル)が好きな方はこんなチケットもおすすめ