パク・ソジュンは韓国の俳優だ。本名はパク・ヨンギュで1988年12月16日生まれのソウル出身。血液型はAB型、身長は185cm、体重は69kg。大学在学中の2010年5月に除隊し軍務を終了すると、ソウル芸術大学演技科を卒業した。事務所はキーイーストに所属し2011年、「B.A.P」パク・ヨングク「I Remember」ミュージックビデオにて俳優デビューしている。そんなパク・ソジュンが、2017年のホワイトデーにファンミーティングを行う。「Park Seo Jun 2017 Fan Meeting in Japan ♡White Day♡ with JUNNER」と銘打って、日本のファンに真心を届ける。彼の素直な気持ちを受け取るためにはチケット入手が必須だ。しかし入手困難なチケットを手に入れることは容易いことではない。情報入手とそれに伴う素早い行動が肝要である。

パクソジュンの日程

386人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

パクソジュンの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

パクソジュンのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(5/24 12:00更新)

パクソジュンについて

パクソジュンの魅力とは

パク・ソジュンは2012年の映画「パーフェクトゲーム」に出演を果たすと、以降2012年はドラマ「ドリームハイ2」「ファミリー」、2013年はドラマ「金よ出て来い✩コンコン」「眠れる森の魔女」「温かい一言」、さらに2014年は「魔女の恋愛」「ママ」などに出演し、その実力と知名度をあげている。2015年もその勢いはとどまるところを知らずドラマ「キルミーヒールミー」、映画でも「悪の年代記」「ビューティーインサイド」に出演している。

そんな彼を一躍有名にしたのは、2015年9月から11月まで放送されていた韓国MBCのドラマ「彼女はキレイだった」であろう。連日最高視聴率を叩きだし、大ブームとなったこのドラマで彼は見事、太っていた過去を持つ最年少副編集長の役を演じきり、その人気に火をつけた。努力家で、演技に対して情熱的であり「お金のために演技しているわけではない」と語る彼へは、共演した女優からも演技に対する評価は高い。

母国韓国ではもちろん、日本でも彼を愛するファンは多い。ファンミーティングが行われるともなれば、そのチケットは瞬く間にプレミアチケットとなってしまう。しかし、彼と直接会える数少ない機会をどうか見逃さないで頂きたいところだ。

パクソジュンが好きな方はこんなチケットもおすすめ