パク・ボゴム ファンクラブ発足記念 ファンミーティング取扱中!パクボゴム(PARK BO GUM)は、韓国・ソウル特別市出身の俳優である。ボゴムという名前は珍しくて芸名だと思われがちだが本名である。漢字で宝剣と書き「時が来れば大切に扱われる」という意味が込められているそうだ。昔から音楽への関心が大きく高校時代にはシンガーソングライターになりたいという夢をもつように。様々な事務所やレコード会社に演奏している映像を送ると、送った先全てから合格通知が来たそうだ。2011年映画「ブラインド」にて俳優デビューし、以降は毎年新たなドラマ・映画に出演し韓国だけではなく日本にも旋風を巻きおこしている。代表作は「雲が描いた月明かり」「応答せよ1988」「のだめカンタービレ~ネイル カンタービレ」等々。

パク・ボゴム ファンクラブ発足記念 ファンミーティング

644人が登録中

すべての公演 チケット一覧

この条件に合うチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

パクボゴムの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

パクボゴムのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/24 00:00更新)

パクボゴム(PARK BO GUM)について

パクボゴム(PARK BO GUM))の魅力とは

パクボゴム(PARK BO GUM)は、韓国・ソウル特別市出身の俳優である。2013年出演した「ワンダフル・ママ」金貸し業を営む母は老後の為に自社ビルを建て安堵に浸っていた。しかし、交通事故をきっかけに脳波を調べた所、実は初期のアルツハイマー病だと判明する。親のお金を目当てにし働かない子供達に危機感を抱き、会社が倒産の危機だと嘘をつく事にしたのだった…。彼は、3兄弟の末っ子コ・ヨンジュン役を演じ知名度を上げた作品である。2015年出演の「応答せよ1988」近所に住まう5組の家族を描いたホームドラマで「応答せよ1997」「応答せよ1994」に続くシリーズ第3弾である。11歳でプロになり、史上最年少の13歳でタイトルを取得。韓国囲碁棋士ランキング1位・賞金ランキング1位の天才囲碁少年テクを演じる。若手スターの登竜門と称されるこの作品で爆発的な人気を得て、一躍トップスターへと昇りつめた。そして2016年王宮を舞台にしたラブロマンス作品「雲が描いた月明かり」ツンデレな皇太子イ・ヨン役を演じる。この作品が日本での注目度を一気に集め韓流アイドルグループを凌ぐ程の人気となっている。今後の作品にも大いに期待が出来るであろう。

パクボゴム(PARK BO GUM)が好きな方はこんなチケットもおすすめ