92歳のパリジェンヌ」は2004年にルノドー・デ・リセエンヌ賞を受賞したノエル・シャトレの小説「最期の教え」が原案の映画である。「最期の教え」はノエル・シャトレの母でフランスの元大統領 リオネル・ジョスパンの母について綴られた実話の物語りだ。2002年、92歳を迎えたミレイユは、自らの人生を終える日を決め実行した。この物議を醸した実話をさわやかに、そして感動的に描きだしている。「尊厳死」をテーマに自分らしい終わり方を問いかける「「92歳のパリジェンヌ」。コメディ作品を数多く手掛け、「Toutes les filles sont folles」などで知られ、自らも女優として活躍する女流監督パスカル・プザドゥーがどう描くのかにも注目だ。

92歳のパリジェンヌの日程

2人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

92歳のパリジェンヌについて

92歳のパリジェンヌの魅力とは

ノエル・シャトレの小説「最期の教え」が原案の映画「92歳のパリジェンヌ」。2002年、ミレイユは92歳を迎えた。そして自らの人生を終える日を決め実行する。
監督は「Toutes les filles sont folles」でラルプ・デュエズ国際コメディ映画祭 特別賞を受賞、自らもクロード・ルルーシュ監督「レ・ミゼラブル」などで女優としても活躍するパスカル・プサドゥー。
92歳のマドレーヌ役には「甘くない砂糖」や「愛と哀しみのボレロ」、「Ils sont partout」など名作映画にも数多く出演する実力派女優マルト・ヴィラロンガ。その娘ディアーヌ役には「沈黙の女/ロウフィールド館の惨劇」でヴェネチア映画祭最優秀女優賞を受賞、アニエス・ヴァルダ監督の「冬の旅」ではセザール賞主演女優賞を最年少で受賞し話題となったサンドリーヌ・ボネール。
その他にもパスカル・プサドゥー監督の「Toutes les filles sont folles」で脚本も手がけるアントワーヌ・デュレリなど実力派が集結している。「尊厳死」をテーマに自分らしい終わり方を問いかける「92歳のパリジェンヌ」、コメディ作品を多く手掛けて来たパスカル・プザドゥー監督がどう描くのかに注目だ。

92歳のパリジェンヌが好きな方はこんなチケットもおすすめ