AC長野パルセイロは、長野パルセイロ・アスレチッククラブが運営する長野をホームタウンとするサッカークラブだ。1990年に創設された長野エルザサッカークラブを前身とし、2007年から一般公募により「AC長野パルセイロ」に名称を変更した。パルセイロはポルトガル語で「パートナー」を意味し、地域社会とクラブがパートナーとして共生する「地域密着協働型スポーツクラブ」を目指している。クラブはJリーグ3部に所属するトップチームとなでしこリーグ1部に所属するレディースチームをはじめU-18、U-15、シュヴェスター、アイスホッケーチームで構成されている。2016年11月にはファン感謝イベント「パル感!2016」が開催され、AC長野パルセイロのメンバーと2000人のファンとの交流が図られ、来シーズンに向けての決意を新たにした。

AC長野パルセイロの日程

1人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

AC長野パルセイロについて

AC長野パルセイロの魅力とは

長野市を中心とした長野県北信地方を本拠地として活動しているAC長野パルセイロは、日本プロサッカーリーグとなでしこリーグに加盟するサッカークラブだ。チーム名はポルトガル語の「パートナー」を意味し、地域密着協働型スポーツクラブとして、株式会社長野パルセイロ・アスレチッククラブが運営している。オレンジをクラブカラーとし、ライオンをモチーフとした「ライオー」「パルル」「ライト」「パルパパ博士」がマスコットキャラクターとして活躍している。

AC長野パルセイロは、1990年に長野南高校サッカー部OBを中心に結成された長野エルザサッカークラブを前身とし、松本山雅FCとの信州ダービーで知られる男子トップチームは2013年に初めてJFL優勝を飾り、2014年からJリーグの3部に昇格し、J1加入を目指している。レディースチームは2000年に設立された大原学園JaSRA女子サッカークラブを2009年にAC長野パルセイロの女子チームとして移管し、2016年にはなでしこリーグ1部に昇格した。男女とも信州では絶対の人気を誇るチームで、ホームタウンでの試合は満員のサポーターで盛り上がっている。

AC長野パルセイロが好きな方はこんなチケットもおすすめ