パラリンピックは国際パラリンピック委員会が主催する世界最大の国際スポーツ大会である。参加選手は視覚障害を含む、身体障害者となっており、オリンピックの後にその会場で開催される。名前の由来は諸説あるものの、現在は国際パラリンピック委員会により、パラレルとオリンピックを足して「もう1つのオリンピック」として再解釈されており、1988年のソウルオリンピックから正式採用されている。競技の特性上、不公平が起こらないように障害の度合いによりクラス分けが採用されており、結果的にメダルの数はオリンピックより多いのが特徴だ。日本のパラリンピック出場選手も徐々に知られるようになっており、2020年の東京パラリンピックにも期待が持たれている。

パラリンピックの日程

44人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

パラリンピックの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

パラリンピックのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 18:00更新)

パラリンピックについて

パラリンピックの魅力とは

国際パラリンピック委員会が主催する世界最大の国際スポーツ大会「パラリンピック」。参加選手は視覚障害を含む、身体障害者となっており、オリンピック開催年と同じ年、同じ会場で開催される。オリンピックとの最大の違いは、競技の特性上、不公平が起こらないように障害の度合いによりクラス分けが採用。これにより結果的にメダルの数がオリンピックより多いのが特徴だ。
このようにオリンピックよりもバランス取りが難しい大会となっており、現在も新しいルールが運用されるなどの変更も多い。柔道では障害でのクラス分けではなく、体重のみでのクラス分けであったり、競技、大会により様々な工夫が凝らされているので、そこに注目するとより楽しむことが出来るだろう。またパラリンピックでは聴覚、言語障碍者向けの手話通訳やリアルタイム字幕放送、そして視覚障碍者向けにルールの解説放送など障害者にも楽しめるような番組になるよう構成されており、2020年の東京パラリンピックでは更なる放送の強化に期待が持たれている。
これまでオリンピックの影に隠れがちであったパラリンピックも徐々に脚光を浴びるようになっており、今後の更なる発展、そして日本の選手の活躍に注目が集まっている。

パラリンピックが好きな方はこんなチケットもおすすめ