パラダイス山元とはラテン音楽を中心に音楽活動をするマンボミュージシャンである。マンボミュージシャンの他にもカーデザイナー、ANAライフタイムミリオンマイラー、作詞、作曲家、DJ、脚立評論家、アジア初のグリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロースなど多種多様な肩書きを持つ。ラテンミュージックを演奏する、東京パノラママンボボーイズのメンバーとして1991年にデビューを果たす。人気テレビ番組だった「ライオンのごきげんよう」のテーマソングで使用されていた「マンボのビート」は1度は耳にした事はあるだろう。音楽の他にもサンタクロース関係の本、餃子の本、盆栽の鉢に、木や苔のほかにフィギュアを立てる「マン盆栽」の本など数々の出版物を世に送り出している。

パラダイス山元の日程

3人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

パラダイス山元について

パラダイス山元とは

パラダイス山元はラテン音楽を中心に音楽活動をするマンボミュージシャンに収まらず多種多様なことに才能を発揮している。
ミュージシャンになる前は、富士重工業のカーデザイナーとして活躍し、人気車種の初代レガシィ ツーリングワゴンや道車両わたらせ渓谷鐵道のデザインを手がけたりしていた。
盆栽の鉢に、木や苔のほかにフィギュアを立てる「マン盆栽」を創案や会員制餃子専門店「蔓餃苑」をオープンしたりNHK子供向番組おかあさんといっしょで「たこやきなんぼマンボ」を作曲するなど多方面で活躍している。

1998年にはアジア初のグリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロースになる。
飛行機関係にも精通しており内で全編執筆した「パラダイス山元の飛行機のある暮らし」を出版している。

その飛行機マニアのマンボミュージシャンであるパラダイス山元が2016年9月に東京神保町花月、10月に大阪道頓堀ZAZA、11月に愛知名古屋 伏見JAMMINの3会場をめぐるツアーを行う。
ツアーは飛行機のエアトークをメインにお土産付きでシャンパンサービスの付く限定シートとなるファーストクラスや茶菓子付きのビジネスクラスが用意されている。
今までの2度開催されてチケット完売の大盛況を巻き起こしたマニアックでおもしろいパラダイス山元の飛行機話をぜひ会場でしっかりと味わっていただきたい。

パラダイス山元が好きな方はこんなチケットもおすすめ