パンサーは、2008年から活動している、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑いトリオである。メンバーは、NSC東京校8期生で小ボケ担当の尾形貴弘と、NSC東京校9期生で大ボケ担当の菅良太郎、NSC東京校11期生でツッコミ担当の向井慧の3人である。尾形は、1977年4月27日生まれの宮城県桃生郡出身であり、かつては「グレートホーン」というコンビを組んでいたが解散し、「サンキュー尾形」というピン芸人として活動していた。菅は、1982年4月7日生まれの東京都練馬区出身であり、以前はお笑いコンビ「ハイアンドロー」として活動していた。向井は、1985年12月16日生まれの愛知県名古屋市熱田区出身で、「あじさい公園」「ブルースタンダード」として活動していた経歴がある。

パンサーの日程

53人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

パンサーのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/19 06:00更新)

パンサーについて

パンサーの魅力とは

パンサーは、小ボケ担当の尾形貴弘と大ボケ担当の菅、ツッコミ担当の向井の3人からなるお笑いトリオである。所属事務所はよしもとクリエイティブ・エージェンシーで、尾形はNSC東京校8期生(同期:スリムクラブ等)菅は同校9期生(同期:ハリセンボン等)、向井も同校11期生(エド・はるみ等)である。3人全員がパンサー結成前に、別のお笑いユニットで活動しており、それぞれ解散した経験がある為、ほとんど同じような境遇の同事務所所属のお笑いユニット「ソーセージ」と比較されることがある。それぞれが前のユニットを解散すると、尾形と向井が菅と組もうと個別に考えており、最初に尾形と菅が組むことになったが、向井が割入り、2008年にパンサーが結成された。なお、パンサーの名付け親はピースの又吉直樹であり、過去に向井と共同生活を送っていた。2013年からブレイクし出し、フジテレビ系列の「森田一義アワー 笑っていいとも!」では水曜日週替わりレギュラーとして出演し、同年7月からはTBS系列の情報番組「王様のブランチ」のレギュラー出演者に加入した。最近ではそれぞれがピンでテレビ出演をする機会が増えており、今後の動向に注目が集まる。

パンサーが好きな方はこんなチケットもおすすめ