パ・リーグは、日本プロ野球組織・パシフィック・リーグ運営部の呼称であり日本のプロ野球リーグのひとつです。1950年のリーグ創立から現在まで多くの野球ファンを熱狂させています。現在は北海道日本ハムファイターズ東北楽天ゴールデンイーグルス埼玉西武ライオンズ千葉ロッテマリーンズオリックス・バファローズ福岡ソフトバンクホークスの6球団が所属しています。シーズンは総当りのリーグ戦でホーム・アンド・アウェー方式で各球団と24回戦、さらに対セ・リーグ6チームとの4回戦の交流試合を含む144試合で順位を競います。またパ・リーグでは指名打者制度(DH制)が採用されており投手は打席に立つ事はなく、投手対打者の真剣勝負が最後まで途切れる事はありません。この白熱した戦いを球場で感じてみてはいかがですか。またパ・リーグの球団は観客増を狙うべく積極的なファンサービスを行なっているので試合以外でも楽しみが見つかるかもしれません。

公演間近!

あ〜お

さ〜そ

た〜と

は〜ほ

日本プロ野球パ・リーグについて

日本プロ野球パ・リーグの魅力とは

日本プロ野球に所属するパ・リーグは「日本プロ野球組織パシフィック・リーグ運営部」の呼称である。試合方式は2チームがホームタウンで1度ずつ対戦する「ホーム・アンド・アウェー」方式が取られている。パ・リーグは1949年に阪急ブレーブス(オリックス・バファローズ)、南海ホークス(福岡ソフトバンクホークス)、東急フライヤーズ(北海道日本ハムファイターズ)、大映スターズ(大映ユニオンズ)、毎日オリオンズ(千葉ロッテマリーンズ)、西鉄クリッパース(埼玉西武ライオンズ)、近鉄パールス(大阪近鉄バファローズ)の7つの球団で、太平洋野球連盟として結成された。現在は「北海道日本ハムファイターズ」「東北楽天ゴールデンイーグルス」「埼玉西武ライオンズ」「千葉ロッテマリーンズ」「オリックス・バファローズ」「福岡ソフトバンクホークス」の6球団が所属しており、毎年セ・リーグとの交流戦では優秀な成績を収めている。

パ・リーグ公式戦の魅力の一つには、積極的なファンサービスが挙げられる。ホームチームのノベルティプレゼントや花火の打ち上げなど、数々のイベントは観客をより一層楽しませてくれること間違いなし。強豪球団揃いのパ・リーグ戦は、各試合どれを取っても白熱した試合となることだろう。