大空祐飛は宝塚歌劇団宙組のトップスターで、1992年に宝塚歌劇団に入団、2012年に宝塚歌劇団を退団した。退団後はエイベックス・マネジメントに所属して芸能活動をスタート、2017年に芸名を大空ゆうひに変更して活動を行っている。入団からトップ就任まで17年4ヶ月と遅咲きのスター大空祐飛、凛とした男役が印象的な大人の演技で高い人気を保ったまま宝塚歌劇団を退団した。宝塚歌劇団を退団以降は舞台を中心に活躍しており、朗読劇「ラヴ・レターズ」のメリッサ役など数々の舞台に出演している。この他テレビドラマ「紅白が生まれた日」水の江瀧子役を演じるなど幅広く活動をしている大空祐飛、これからもその高い演技力で活躍する姿を楽しみたい。

大空祐飛の日程

71人が登録中

キーワード

枚数

席種

全て

KAAT 神奈川芸術劇場他5会場

新歌舞伎座

未分類

購入元

表示条件

  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

大空祐飛のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(11/24 00:00更新)

大空祐飛について

大空祐飛の魅力とは

大空祐飛は宝塚歌劇団出身の女優で宙組トップスターを務めていた。2012年に宝塚歌劇団を退団した以降はエイベックス・マネジメントに所属し、女優業を行っている。舞台を中心に活躍をしているが、テレビドラマやディナーショーなど幅広く活動を行っている。2017年に大空ゆうひと芸名を変えて活動中。

宝塚歌劇団に入団したのは1992年、同期生には元月組のトップスター瀬奈じゅん、元宙組トップスター貴城けい、元月組、星組トップ女役の檀れいなどがいる。雪組「この恋は雲の涯まで」で初舞台を果たした後、1993年に月組に配属、2008年に花組へ異動となる。2009年に宙組へ異動するとともに、トップまで17年4ヶ月という長い期間を経て宙組のトップに就任した。2009年8月宙組トップ就任披露公演「大江山花伝-燃えつきてこそ-/Apasionado!!II」で成功を収め、2012年4月から公演された退団公演「華やかなりし日々/クライマックス」まで数多くの公演をこなした。

退団後もその実力を買われ多くの舞台でメインキャラクターを多く担当する大空祐飛、舞台だけではなくトークショーなど数多くのイベントに参加している、今後の大空祐飛の活動に注目したい。

大空祐飛が好きな方はこんなチケットもおすすめ