日本を代表する指揮者と言えば、ほとんどの人が小澤征爾の名前を口にするだろう。彼は1935年、満洲国奉天市に生まれ、幼稚園児の頃に東京都立川市へ、以後は神奈川県足柄上郡金田村、東京都世田谷区代田や経堂、渋谷区笹塚、神奈川県川崎市幸区で幼少期を過ごす。子どもの頃の夢はピアニストだったが所属していたラグビー部で大けがをして断念した。1951年、成城学園高校で齋藤秀雄の指揮教室に入門、その後桐朋学園短期大学へと進学する。1950年代後半からは群馬交響楽団での指揮者、日本フィルハーモニー交響楽団の副指揮者を務める。1959年には単身フランスへと渡ってから活躍の舞台は世界となった。甥に小沢健二がいる。

小澤征爾の日程

943人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

小澤征爾のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/5 12:00更新)

小澤征爾について

小澤征爾の魅力とは

世界的指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤンやシャルル・ミュンシュ、レナード・バーンスタインに師事する。1964年シカゴ交響楽団によるラヴィニア音楽祭において音楽監督として音楽祭を成功に導きその名は世界に轟いた。2002年から2010年までウィーン国立歌劇場の音楽監督を務め栄典・表彰歴として文化勲章受章などがある。昨今、白内障や癌の治療の合間をぬって総監督などをするコンサートチケットは常に完売必至、つまり、セイジ・オザワの名前の入ったチケットを手にすることは非常に困難である。

小澤征爾が好きな方はこんなチケットもおすすめ