HIROYA OZAKI SEIZE THE DAY TOUR 2017取扱中!尾崎裕哉は東京都出身、エフエムインターウェーブでDJなどを務めるミュージシャンである。数々のヒット曲を産み、若者のカリスマとして活躍していたシンガーソングライター尾崎 豊の息子としても知られている。1992年、裕哉が2歳の時に父親が亡くなり、母とニューヨークに暮らす。そのため英語に堪能で日本のアメリカンスクールを卒業。2010年からエフエムインターウェーブで自身初のラジオ番組「CONCERNED GENERATION」でディスクジョッキーとして活動開始した。尾崎裕哉の音楽における志は父親譲りで、この番組内では自身の活動の目標を「社会に溢れる人種問題、貧困問題、環境問題などの様々な問題を音楽という手段で解決して行きたい」と語っている。

HIROYA OZAKI SEIZE THE DAY TOUR 2017

558人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

尾崎裕哉のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/24 12:00更新)

尾崎裕哉について

尾崎裕哉とは

数々のヒット曲を産み、若者のカリスマとして活躍、伝説のミュージシャンとも評されるシンガーソングライター尾崎 豊の息子として知られる尾崎裕哉。
1992年、裕哉が2歳の時に豊は亡くなり、一般女性であった母とニューヨークで暮らす。そのため英語が堪能で日本のアメリカンスクールを卒業している。

2004年に様々な大物アーティストがカバーで参加した尾崎 豊のトリビュートアルバム「"BLUE" A TRIBUTE TO YUTAKA OZAKI」にプロデューサー須藤 晃の息子であるTOMI YOと「Crouching Boys」を結成し1曲のみ参加、「15の夜」を披露している。
2010年からエフエムインターウェーブで自身初のラジオ番組「CONCERNED GENERATION」をディスクジョッキーとして開始。その音楽における志は父親譲りで、この番組内では自身の活動の目標を「社会に溢れる人種問題、貧困問題、環境問題などの様々な問題を音楽という手段で解決して行きたい」と語っている。

2015年には初のライブを大阪ミナミのライブハウスで開催。2016年にはTBS「音楽の日」に生出演し「I LOVE YOU」と自身のオリジナル曲「始まりの街」2曲を披露した。
その余りにも父親に似た声質、歌声に視聴者からの大反響を呼ぶこととなった。

尾崎裕哉が好きな方はこんなチケットもおすすめ