尾崎亜美とは日本のシンガーソングライターである。自身で歌手活動を行いながら、人気歌手に楽曲提供を行っていることでも有名。その中には松田聖子の「天使のウィンク」や杏理の「オリビアを聴きながら」など後世に伝わるほどの名曲の数々を作り出している。10代の頃から作詞作曲に興味を持ち、これまでに数多くの曲を制作している。1976年に本格歌手デビュー、すぐに音楽界で話題になりポスト・ユーミンとまで言われるほどであった。1978年には南沙織、杏理、高橋真梨子と名だたるアーティストに楽曲提供。それぞれの曲が話題にあがり作曲家としての名前も上がっていく。その後もCM曲や映画主題歌、さらにはユニット結成など多彩な活躍を見せる。その実力は国内でもトップレベルでありこれだけ多彩な活躍ができるアーティストはなかなか存在するものではない。

尾崎亜美の日程

95人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

尾崎亜美のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(8/22 00:00更新)

尾崎亜美について

尾崎亜美の魅力とは

"¥尾崎亜美とは歌手活動に楽曲提供、バンド活動に料理本出版と実に多彩な活躍を見せるシンガーソングライターである。

歌手活動では多くのCDリリースにレコード大賞優秀アルバム賞の受賞、多くの有名歌手への楽曲提供などその才能には右に出る者はいないほどの実力者である。その才能は幼い頃にピアノを触れたことから芽生え始める。10代の頃には音楽や演劇などへの興味でアーティストとしての片鱗は既に覗かせていた。高校時代に出演したオーディション番組ではその才能を絶賛、その後やしきたかじんのバッグバンドの一員としてピアノ演奏で参加することもあった。その後期待の新人としてデビュー、1977年に発売された3枚目のシングルがヒットし一層の注目を浴びることになる。翌年には自身が楽曲提供した杏理の「オリビアを聴きながら」が大ヒット。その曲を支えるアーティストとして一目置かれる存在となる。自身のアルバム発売、CM曲、さらには小説などその後も他方面で活躍。1988年には第9回日本作曲賞優秀作曲者賞を受賞、実力人気共にトップレベルを証明する。何度かの活動休止期間がありはするが、多岐に渡る活動は止むことはなくその後も音楽制作からアニメの吹き替え、バンドの結成などアーティストの活動としては異例の活躍をみせている。音楽への探求から制作は留まることを知らず次々と世に才能溢れる音楽を放っている貴重な存在である。

尾崎亜美が好きな方はこんなチケットもおすすめ