小沢健二は1990年代のJ-POPヒットチャートを賑わせた人気ミュージシャン。叔父に指揮者の小澤征爾がいる。愛称はオザケンコーネリアスの小山田圭吾とフリッパーズ・ギターというバンドでデビューし、その後ソロのシンガーソングライターとして音楽活動を開始。1994年にスチャダラパーとコラボレートした「今夜はブギー・バック」が大ヒットし、一躍人気アーティストとしてその名を馳せることに。音楽面ではヒップホップやソウルミュージックを流行らせ、また、小沢自身の佇まいやファッションもブームとなり「渋谷系の王子様」と呼ばれる。1998年以降、目立った音楽活動はせずNYに拠点を移す。2010年に突然ツアーを行うことを発表し、久々に小沢の音楽が聴けるとあってチケットは争奪戦となる。大ヒット曲をはじめ、新曲も披露したことから、プラチナチケットを手に入れたファンにとっては忘れられない貴重なライブに。

小沢健二(オザケン)の日程

1,345人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

小沢健二の過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

小沢健二のチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 06:00更新)

小沢健二について

小沢健二のライブの魅力とは

小沢健二は日本のシンガーソングライター。神奈川県相模原市にてドイツ文学者の小澤俊夫と心理学者の小沢牧子の二男として1968年に生を受ける。ちなみに指揮者の小澤征爾は叔父、俳優の小澤征悦は従兄弟である。卒業後、一浪して東京大学文科III類に入学。 大学在学中から中学校時代の同級生だった小山田圭吾らとともにアマチュアバンド「ロリポップ・ソニック」で活動、その後、プロデビューと同時に「フリッパーズ・ギター」へ改名、5人編成だったが、デビュー後まもなく小沢と小山田の2人編成となる。3枚のオリジナルアルバムを発表するが1991年に解散。

1993年にシングル「天気読み」でソロデビュー、1993年にヒップホップ・グループであるスチャダラパーと共演した楽曲「今夜はブギー・バック」が50万枚の大ヒットとなり、小沢の名が知れ渡るとともに日本におけるヒップホップやラップなどを一躍メジャーシーンへと押し上げる原動力となった。その後もヒットを連発し、テレビなどでの軽いならがも知的な言動とファッションが当時の若者の支持を得て「渋谷系」の代表格となった。その後ニューヨークに移住、アルバムの発表やライブ活動などは非常にマイペースで行っており2010年の全国ツアーは13年ぶりだった。もしライブチケットが発売されればファンならずともその稀に見る貴重な世界を感じるために手に入れたいチケットになる。

小沢健二(オザケン)が好きな方はこんなチケットもおすすめ