映画オーバーフェンスの舞台挨拶とは、佐藤泰志による文学作品を映画化した「オーバーフェンス」のプレミアムイベントである。「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続き、佐藤泰志による文学作品の映画化となった。主演はオダギリジョー、蒼井 優、松田翔太など豪華な実力派俳優たちの顔ぶれが揃っている。物語の主人公はオダギリジョー扮する、妻に見限られた男・白岩だ。彼は地元の函館に戻り、職業訓練校に通いながら失業保険で生活していた。ある日職業訓練校生の代島(松田翔太)と連れられたキャバクラで、白岩は鳥になりたいと願うホステスの聡(蒼井 優)と出会うのだった…白岩と聡が紡ぐ大人のラブストーリーがここに誕生!原作や監督、出演者のファンにとって舞台挨拶は見逃せないものになるだろう。

オーバーフェンス 舞台挨拶の日程

57人が登録中

現在登録されている公演はありません

すべての公演 チケット一覧

出品中のチケットはありません

この公演を新着アラートに登録することで
その公演のチケットが出品されたら、すぐにお知らせいたします

オーバーフェンスの過去の取り扱いチケット

  •  
  • 公演名
  • 日時
  • 場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

オーバーフェンスのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/8 00:00更新)

オーバーフェンス 舞台挨拶について

オーバーフェンス 舞台挨拶の魅力とは

映画「オーバーフェンス」の原作は、佐藤泰志の小説「黄金の服」所収の、同名の短編作品だ。「海炭市叙景」「そこのみにて光輝く」に続き、「オーバーフェンス」は佐藤泰志による函館3部作の最終章にあたる。「海炭市叙景」は熊切和嘉監督が、「そこのみにて光輝く」は呉美保監督によって映画され、それぞれ高い評価を得た。そして最後となる今作品は、「味園ユニバース」「天然コケッコー」を手がけた山下敦弘が監督を担当する。原作者である佐藤泰志は1990年10月に41歳という若さで自殺しており、彼の没後25年という節目の年に「オーバーフェンス」制作が開始されている。

物語の主人公は、妻に見限られ東京から故郷の函館に戻った男・白岩。彼は職業訓練校に通いながら、失業保険を頼りに生きる毎日を送っていた。しかし同じ訓練生である代島と、ある日キャバクラに連れて行かれることになる。そこで聡(さとし)という名の風変わりなホステスと出会い、急速に惹かれあっていく。

2016年、白岩と聡のラブストーリーが遂に映画化される。映画のキャストはオダギリジョー、蒼井 優、松田翔太など演技力ある俳優たちが抜擢されている。果たしてフェンスの先にあるものは何だろうか、あなたの目で確かめていただきたい。

オーバーフェンス 舞台挨拶が好きな方はこんなチケットもおすすめ