OVER ARM THROWとは、2003年に横浜で結成し、現在も横浜や東京を中心に活動しているスリーピースメロコアバンドである。男らしい骨太サウンドで、ファンのみならずアーティストたちまでをも魅了している話題のバンドだ。「オーバーアームスロー」というバンド名には、「武器を投げ捨てて音楽で平和に楽しもう!」という意味が込められているというだけあって、楽曲もメッセージ性に富んだものが多い。メロコアバンドでありながらも、バラードはおとぎ話のように切なく、美しい。様々な表現力を持った彼らがミュージシャンとして大成する日もほど近いだろう。人気が爆発してしまう前に、彼らの情報をチェックしておきたいところだ。

OVER ARM THROWの日程

288人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

OVER ARM THROWのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(9/27 00:00更新)

OVER ARM THROWとは

OVER ARM THROWについて

OVER ARM THROW(オーバー・アーム・スロー)とは、2006年の3月にファーストミニアルバム「SOUNDRIP」でデビューした邦楽スリーピースロックバンドである。

ボーカル、ギターの菊池信也、ベース、コーラスの鈴野洋平、ドラム、コーラスの寺本英司の3人によって結成されているこのバンドは、元メンバーとともに2003年、神奈川県横浜市で結成された。以降横浜市を中心に活動を行っている。デビュー前の2005年には限定1000枚で売り出した自主音源「Chime/Full a letter」が即完売。以降も、メンバーの入れ替えなどを経ながらも、順調にバンド活動を行い、2011年に行われた全国ツアーのツアーファイナルでもチケットをソールドアウトさせた。

その実力は、同業者となる他のバンドからも買われており、日本のハードコアパンクバンドのマキシマムザホルモンや、アメリカのポップ、パンクバンドであるノー・ユース・フォー・ア・ネームなどのサポートバンドとして活躍した実績を持つ。ハードコアならではの激しめのミュージックと、歌唱力のあるボーカル、さらに物語やメッセージ性を持った歌詞の融合が心地よく、聴く者の心を離さない。

OVER ARM THROWが好きな方はこんなチケットもおすすめ