おとめ妖怪ざくろ」はコミックバーズに連載された星野リリィによる人気漫画の舞台である。主演の総角 景役はハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズで、及川 徹役を務めた遊馬晃祐。このほか芳野葛利劔役にはテレビシリーズ「牙狼〈GARO〉-GOLDSTORM- 翔」で秋月ダイゴ役を演じ、映画などで活躍する脇崎智史、花桐丸竜役には第26回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト フォトジェニック賞を受賞し、大人気舞台「黒子のバスケ THE ENCOUNTER」で小金井慎二役を演じた阿部快征、沢鷹役には俳優ユニット「TOKYO流星群」のメンバーで知られる安里勇哉らが名を連ねている。おとめ妖怪ざくろは2017年、全12公演が予定されている。

おとめ妖怪ざくろの日程

40人が登録中

すべての公演 チケット一覧
  • 残り時間
  • 公演名
  • 日時・場所
  • チケット情報
  • 枚数・価格

おとめ妖怪ざくろのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(12/7 18:00更新)

舞台「おとめ妖怪ざくろ」について

舞台「おとめ妖怪ざくろ」の魅力とは

2006年よりコミックバーズに連載された星野リリィによる人気漫画「おとめ妖怪ざくろ」が舞台化される。
主演の総角 景役はハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」シリーズで、及川 徹役を務めた遊馬晃祐。このほか芳野葛利劔役にはテレビシリーズ「牙狼〈GARO〉-GOLDSTORM- 翔」で秋月ダイゴ役を演じ、映画などで活躍する脇崎智史、花桐丸竜役には第26回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト フォトジェニック賞を受賞し、大人気舞台「黒子のバスケ THE ENCOUNTER」で小金井慎二役を演じた阿部快征、沢鷹役には俳優ユニット「TOKYO流星群」のメンバーで知られる安里勇哉らが名を連ねている。
脚本、演出を務めるのは企画、脚本、演出、美術、映像の制作会社「実相寺組」の中心人物で知られ、2009年に演劇等プロデュース集団「空鼎鬧(くうていどう)」を旗揚げした大和田悟史。

「おとめ妖怪ざくろ」は妖怪と人間が共存する世界を描き、2010年からテレビアニメの放映が開始。その後様々な媒体にタイアップされ人気を博している作品だ。
この舞台では原作1巻から6巻にあたるエピソードが展開。原作ファンには待ちに待った舞台化ということもあり期待が寄せられている。

おとめ妖怪ざくろが好きな方はこんなチケットもおすすめ