「おそ松さん」は、原作者の赤塚不二夫の漫画「おそ松くん」をアニメ化にしたテレビアニメである。2015年7月、赤塚の生誕80周年を記念として「おそ松さん」が放送された。六つ子が大人になったという設定が話題となる。監督は「銀魂」を手がけた藤田陽一、キャラクターデザインは映画ドラえもんシリーズで総作画監督を務めた浅野直之が担当。第1期は、2015年10月から2016年3月までテレビ東京やコニコ動画などで放送された。その後、舞台化もされこちらも大きな話題となった。2017年10月から第2期のテレビアニメ放送がスタートする。再び視聴者に笑いを届けてくれるに違いない。

おそ松さんの日程

5,767人が登録中

枚数

表示条件

  • 公演名
  • 日時・場所
  • 希望条件
  • 枚数・価格
  • 残り時間

おそ松さんのチケットをお取引された方の声

チケット取引完了時の評価メッセージをご紹介しております。(10/19 12:00更新)

「おそ松さん」について

「おそ松さん」の魅力とは

「おそ松さん」が「おそ松くん」と異なるのは、六つ子の全員がほとんど同じ性格で外見も区別がつかないキャラクターではなく、それぞれに性格やイメージカラー、表情などがあるという点。大きく差別化し、新たなキャラクターとして現代に蘇った。

松野家のおそ松、カラ松、チョロ松、一松、十四松、トド松の6人は、20歳を過ぎても定職につかず親の脛をかじるいわゆるニート。全員がひとつ屋根の下で暮らしている。仕事にも女性にも縁がない6人は、時に互いの足の引っ張り合いをしながら、日々それぞれの趣味にいそしんで過ごしている。六つ子以外のキャラクターに、うさんくさい男・イヤミ、おでん屋のチビ太、六つ子のアイドル的存在・トト子、科学者もやっているパンツ一丁のおじさん・デカパン、口がでかい怪人・ダヨーンなどが加わり、毎回さまざまなエピソードで視聴者を笑わせるギャグアニメだ。

2016年には「おそ松さんon STAGE SIX MEN’S SHOW TIME」として舞台化もされている。また、タイアップコラボレーションとして2015年10月には厚生労働省の最低賃金周知のキャラクターに決まるなど、多くの話題を集めている。幅広く、親しまれている作品は今後もさらに人気を加速させることだろう。

おそ松さんが好きな方はこんなチケットもおすすめ